言われてみれば代表作がない女優

井上真央『花燃ゆ』、9.4%ワースト更新! 過去ドラマも「堀北、尾野以下」の評判

20150518hanamoyu.jpg
『花燃ゆ』(NHK)公式サイトより

 井上真央主演の大河ドラマ『花燃ゆ』(NHK)が、5月17日放送回で9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の自己ワーストを更新したことがわかった。1月4日にスタートした同作は、初回16.7%で歴代ワースト3位発進。第15話で9.8%と初の1ケタを記録していたが、今回はそれを下回ってしまった。

 幕末の先覚者・吉田松陰の妹で、志士たちを陰で支えてきた文(ふみ)の生涯を描いた『花燃ゆ』。井上のほかには伊勢谷友介、東出昌大、高良健吾、大沢たかおらがキャストに名を連ねており、土屋勝裕プロデューサーは昨年6月の会見で「イケメンを意識」したキャスティングであると明言。女性視聴者の支持を得られそうな布陣で臨んだが、初回以降も視聴率は11~12%台に下降し、3カ月後の4月12日にはついに1ケタ台をマークしてしまった。

 また、同局の籾井勝人会長は5月14日の定例会見で、視聴率について「私自身はちょっと低すぎるという気はしている」と話し、今後の盛り返しを期待するコメントを述べていたばかりだったが、第20話でさらに数字を落とすこととなった。

「通常、大河は午後8時~8時45分の放送枠ですが、初の1ケタ転落を記録した日は『第18回統一地方選挙』の報道特別番組が放送されていたため、『花燃ゆ』は午後7時15分からのスタートでした。視聴率が低下したことについて、『選挙で放送時間が変更された影響もあるのでは』と言われていましたが、今回はなにもなかったのに最低更新という悲惨な状況に。自己ワースト更新にネット上では『主人公がマイナーすぎ』『井上も黒歴史でしょ』という声や、内容に対しても『盛り上がりに欠ける』などと厳しい声が目立ちます」(芸能ライター)

 4月20日に行われた会見では「主演である以上、私の力不足であるとしか言えない」と、低視聴率に責任を感じていることを明かしていた井上。近年の主演作品の視聴率を振り返ると、11年放送のNHK朝の連続テレビ小説『おひさま』は、平均18.8%を記録。しかし、その後に放送された尾野真千子主演『カーネーション』(平均19.1%)や、堀北真希主演『梅ちゃん先生』(20.7%)と比べると、それ以下という残念な結果だ。さらに12年に放送された連続ドラマ『トッカン 特別国税徴収官』(日本テレビ系)は平均10.5%で終了と、これまでもあまり数字には恵まれていなかったようだ。

「11年は『おひさま』主演の効果で『第62回NHK紅白歌合戦』で紅組司会を務めたことも。松嶋菜々子、宮崎あおいに続いて朝ドラ&大河で主演を務めるという大役を担ったものの、今作の大コケによって“低視聴率女優”というイメージが根付いてしまうかもしれませんね」(同)

 05年のドラマ『花より男子』(TBS系)でブレイクして以降、コンスタントに活動を続けてきた井上だが、『花燃ゆ』以降の女優活動はどうなってしまうのだろうか?

あんみつ姫を『ナースのお仕事』並のシリーズ化にしようぜ~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  10. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  11. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  16. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  17. キャラ変え好調の乙武洋匡
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー