GACKT愛人説、摂食障害、醜形恐怖症……“不思議アラフォー”釈由美子「フルフルフル~」発言は元気の証!?

【日刊サイゾーより】

shakuyumiko0408.JPG
『妖精おじさん ディレクターズカット版』(ポニーキャニオン)

 女優の釈由美子(36)が、14日放送の『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)で「妖精が見える」などと不思議発言を連発した。

 かつて「“小さいおじさん”が見える」と公言し、バラエティ番組などで「パジャマを着て体操していた」「鏡餅の上のミカンを小脇にかかえて走り去った」「着ていたジャージに“村田”と書いてあった」「全身を使ってスマホを操作していた」などと数々のエピソードを披露していた釈。しかし、3月放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)では、“小さいおじさん”について振られると「もう見ないです」ときっぱり。“脱・不思議キャラ”とも取れる発言が話題となった。

 だが、今回の『櫻井有吉アブナイ夜会』では、不思議キャラが完全復活。釈がはまっているという登山の様子にカメラが密着すると、山道を歩きながら「この道とかさあ、私の背中でフルフルフルフルって。フルフルフルフルって羽を感じるの」「私を守ってくれてる妖精たちの羽が、フルフルフルフルって喜んでる」「フルフルフルフル……」などと発言。

 このVTRについて、MCの有吉弘行が「妖精見えちゃってるし……

続きを読む>>>

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク