その他
【ジャニーズ研究会レポート】

“塚ちゃん消しゴム”の新作アリ!? A.B.C-Zがコンサートの演出やグッズを予告

jtsukada01.jpg
「みーんながほしい塚ちゃん消しゴムだよ!」

【ジャニーズ研究会より】

<アイドル誌チェック!!>

 5月13日にセカンドアルバム『A.B.Sea Market』を発売し、30日からはアルバムを引っ提げて『A.B.C-Z Early summer concert』を東京・大阪で開催するA.B.C-Z。昨年に発売されたファーストアルバム『from ABC to Z』はJr.時代の曲を多く含んでいたため、実質的には今回が初のオリジナルアルバムとなります。「duet」2015年6月号(ホーム社)では、アルバム制作の裏話と、30日から始まるコンサートの演出やグッズについて、メンバーがちょっとだけネタばらししています。

 まずはアルバムについて。今回は5人全員のソロ曲が収録されており、橋本良亮のソロ曲は自身で作詞も手掛けたのだとか。とはいっても、なかなか仕上がらず、できあがったのは締め切り当日の朝。スタッフに「ムリなら作家さんに頼む」と散々脅されながら書き上げた苦心の作のようです。実際の歌詞を見てみると、「僕の心に迷い込んだシンデレラ」「僕の姫になってはくれないかな?」などのあま~い言葉が並んでいますが、本人いわく「カッコよさよりも、みんながハッピーになれる曲を目指したから、おとぎ話のような世界を楽しんでほしい」とのこと。橋本ファンはキュンキュンすることうけあいです。

 一方、「アルバムに収録するダンスチューンの最終候補に残ったものの、選ばれなかった曲」を自身のソロ曲にしたいと直訴したのが、五関晃一。A.B.C-Zの振り付けを担当することも多い彼は……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  12. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  13. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  17. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  18. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  19. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  20. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー