確信犯でしょ?

HKT48・指原莉乃、総選挙1位で“水着でコンサート”を公約も「炎上商法」「見たくない」

sasihara2013.jpg
「そして今私は思っています 明日からもこうして生きて行くだろうと」(撮影:岡崎隆生)

 HKT48・指原莉乃が13日、6月6日に行われる「第7回AKB48選抜総選挙」に向けてのアピールコメントをYouTubeで公開した。

 指原は真っ白のジャケット姿に髪をまとめた状態で登場し、冒頭から前回の総選挙を振り返った。その中で「1位になれなかったら滝行をする」というネガティブな公約の仕方がいけなかったと反省し、「アイドルは常に明るく楽しくいなければいけません」と続けた。そして今回の総選挙では考えを変え、「1位になれたら水着でコンサートをしまーす!」と前向きな公約を掲げたのだ。

 その後、「若いメンバーの中に貧乳の私が混じって歌い踊ることは誰も得しない」と自虐し、最終的には「私の決心をみなさんに受け止めてもらえたら」とファンに向けて謙虚に気持ちを伝えたのだが、動画を見た世間からは予想通りバッシングを受けることに。ネット上では「指原の水着はいりません」「別に見たくない」「求められてないでしょ」などと批判の声が相次いでいる。

「前回の総選挙では、公約通り滝行を行いましたが、それもソフトバンクのCMのネタに利用したことで炎上しました。指原には多額のギャラが入ったと思われますし、以前ソフトバンクのCM会見では『次も1位を逃した場合はCMで使ってもらえるのでまた修行する』と発言するなど完全に開き直ってるのは確か。スキャンダルを始め、ネットでの誹謗中傷が彼女を強くしたのでしょう。今回の『水着でコンサート』宣言も、炎上するのがわかった上でやっていると思います。よくも悪くも注目を集めているのは事実ですから」(芸能ライター)

 最近はKis‐My‐Ft2など、ジャニーズとの共演も多く、同グループのファンからも冷遇されがちな指原。5月4日に放送された『キスマイBUSAIKU!?』(フジテレビ系)にゲスト出演した際も、番組開始前から「指原うざい」といったツイートが飛び交ったが、本人はまったく気にしていない様子。スキャンダルなどで数多くのアイドルが脱退していく中、“炎上”でのし上がってきた指原は、果たして今回の総選挙でどんな結果を残すのだろうか。

指原莉乃の才能をしたり顔で語るオタが苦手

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. 新春ジャニオタ放談
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  19. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー