石川敏男の芸能デスクレポート

日テレ内定取り消し騒動・笹崎里菜アナ、新歓で“自虐川柳”披露!? 気になるデビュー番組は?

nittereanaprf.jpg
日本テレビ公式サイトより

 東京・銀座でホステスのアルバイトをしていたという理由で、日本テレビのアナウンサー職の内定を取り消され、裁判を起こして日テレ入社を勝ち取った、東洋英和女学院大学卒業の笹崎里菜アナウンサー(23)。厳戒態勢で行われた4月1日の入社式は、異例づくしだった。通常なら超有名タレントがサプライズ参加して社員を激励するのだが今年はゼロ、野外での記念撮影もなし。これら全て、笹崎アナをマスコミから守ろうとする日テレ側の気遣いだったという。

 笹崎アナは現在研修期間中だというが、社内では、笹崎アナ自身や彼女を特別扱いする上層部に対して、賛否両論が渦巻いているようだ。日テレのチーフプロデューサーは「面接したアナウンス室の幹部から、『原稿読みがヘタ』という話を聞きました。入社を反対した人もいたようですが、賛成の方が多く、結局入社が決まった。制作側からは『気の強い性格がバラエティで使える』という声も上がっています。確かに、4月半ばに行われた新人歓迎会では、泥沼の入社騒動を自虐ネタにした“川柳”を披露したというから、根性は据わっていますよ」と、彼女の素顔を話す。

 そして今マスコミの間で話題になっているのが、笹崎アナのデビュー番組だという。これだけ騒がれたのに、最初の出演番組で視聴率を稼げないと、笹崎アナの進路にも大きく影響する。それゆえに、日テレも笹崎アナのデビュー番組には相当頭を痛めているらしい。

 具体的には、局の超目玉番組『24時間テレビ 愛は地球を救う』でのお披露目や、『シューイチ』『行列のできる法律相談所』『ZIP!』、またスポーツ番組『Going!Sports&News』などへの出演案が出ているという。

 日テレスタッフは、「話題になるから使いたいと思っているプロデューサーは多く、争奪戦になっていますよ。そのため、彼女の同期に聞き込みをしているプロデューサーもいるそうです。ただ、局の特別扱いに疑問を抱いている同期も多いので、彼女のいい話なんて出てこないと思いますよ」と語る。

 ワイドショーデスクは「番組改変期の10月から新番組のバラエティが始まるんじゃないのかな。そのアシスタントに彼女を使う。一番無難ですよ。誰かを降ろしてということにもならないし、アナウンス室のバランスが崩れることもありません」という。今局内は、笹崎アナの処遇をめぐり、戦々恐々のようだ。

石川敏男(いしかわ・としお)
昭和21年11月10日生まれ。東京都出身。『ザ・ワイド』(日本テレビ系)の芸能デスク兼芸能リポーターとして活躍、現在は読売テレビ『す・またん』に出演中。 松竹宣伝部、『女性セブン』(小学館)『週刊女性』(主婦と生活社)の芸能記者から芸能レポーターへと転身。

『シューイチ』中山ヒデちゃんとの食い合せはよさそう

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  5. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 『カウコン』意外な舞台裏
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  11. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  12. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  13. 新春ジャニオタ放談
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  19. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  20. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー