仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

男友達・バカリズムにまでヤキモチを焼く、“サバサバ女”YOUの底なしの所有欲

youkorekara.jpg
『YOUのこれからこれから 人生編』(宝島社)

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「ヤキモチだから、誰と付き合っても大抵嫌なんです」YOU
『ボクらの時代』(フジテレビ系、5月10日放送)

 ぶりっ子キャラは、選ばれし人間だけが担える役どころである。まず、ぶりっ子にふさわしいのは、小柄で小動物的な容姿。宝塚の男役出身のような長身で顔のつくりが派手なぶりっ子には会ったことがない。さらに若さも大切である。20代はよくても、30歳をすぎると、男性に対するぶりっ子キャラの効力はなくなるように思う。

 が、ぶりっ子に最も重要なのは、見た目や年齢といった条件ではなく、精神的な強さではないだろうか。ぶりっ子をすれば、男には好かれるかもしれないが、女に嫌われていることは目に見えている。ぶりっ子になる、ということは、女に「私はあなたたちに好かれようと思っていません」と絶縁状を叩きつけるに等しい行為なわけだが、女に嫌われてもびくともしない強靭なメンタリティーを持っていなければ、演じることはできない。

 その点、案外誰でもこなせるのが、ぶりっ子の反対に位置するサバサバ系である。芸能界でいえば、女芸人ほどの笑いは取れないがしゃべりがうまく、女優やモデルほどの華はないがそこそこ綺麗。年齢が高ければ高いで笑いのもとにもなる。非常にとっかかりのいいキャラである。そんなきれいどころと、お笑いの“中間”に位置するサバサバ系の最高峰におわすとよくいわれているのは、タレントのYOUである。

 YOUの優秀さが発揮されるのは、鼎談というスタイルである。サバサバYOUは、年齢的には最年長だが、下座に座り、共演者を立てる。例えば、5月10日に放送された『ボクらの時代』(フジテレビ系)に、お笑い芸人のバカリズム、女優の真木よう子と共に出演したYOUは、まず真木を「暗いし、美人だし、おっぱい大きいし、すごい人見知りで面倒くせぇ女だと思ったけど、一皮むけると、すごくチャーミング」と具体的かつ絶妙にけなしながら褒め(単に「いい人」と褒めるよりも、視聴者に伝わりやすい良い褒め方である)、真木はご満悦に。

 連続ドラマの脚本を執筆し、市川森一脚本賞の奨励賞を受賞したバカリズムに対しても、「なんでそんな卑屈なの?」とけなしながらも、「それがおしゃべりや脚本の才能につながっているんだね」と自らの髪の毛をいじりながら、フォローするのを忘れない。これぞサバサバ褒めである。

直訳すると「男は全員私のこと好きじゃなきゃ嫌」?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  10. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. キャラ変え好調の乙武洋匡
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  16. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  17. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決