[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

嵐・相葉雅紀『ようこそ、わが家へ』11.9%に上昇!! “激高”シーンの演技力が賛否両論

2015youkosohome.jpg
『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)公式サイトより

 5月11日に放送された嵐・相葉雅紀主演『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)の第5話の平均視聴率が、11.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。初回に13.0%を獲得し、2話では11.4%にダウン。今回は第4話の10.0%から1.9ポイントアップと持ち直し、1ケタの“悪夢”はひとまず回避した。

 作家・池井戸潤氏の作品が原作で、平凡な倉田家がストーカーの恐怖に怯え、反撃する過程を描いたサスペンスタッチのホームドラマ。これまでのストーリーでは、倉田家に嫌がらせをしてくる「名無しさん」の正体になかなか迫れず、視聴者から「展開が遅い」という不満の声が多く上がっていた。しかし、5話は主人公・健太(相葉)が、妹・七菜(有村架純)の元交際相手・辻本正輝(ジャニーズWEST・藤井流星)に「まさか、君が名無しさんだったのか?」と詰め寄るところでエンディングを迎えた。

「同作に関しては初回放送後から、相葉の“鼻詰まり声”が気になるという声が出るなど、相葉の演技面には賛否両論の意見が見受けられます。5話も沢尻エリカ演じる神取明日香を階段から突き落とした犯人に『邪魔すんのはやめてください!』と激高するシーンが予告映像の時点で注目を集めていましたが、気弱な主人公という設定もあり、『怒り慣れてない人の怒り方だと思った』『本人のキャラに合っていて、今回の役はうまい』と評価する声や、『演技ヘタすぎ』『声が残念』といった酷評も」(芸能ライター)

 しかし、相葉が番宣で出演した『情報プレゼンター とくダネ!』(同、4月13日放送)では、司会の小倉智昭が「寺尾聰さんが、僕にメール来て、相葉さんはすごくいいって、将来楽しみな役者だって。彼なかなか褒めないからね」と話していたことも。

 また、プロデュサーの羽鳥健一氏は、テレビ誌のインタビューで今回の作品を「相葉さんの代表作にしよう!」と意気込んでいることを明かしており、「相葉さんの等身大の姿を描きますが、『相葉くんってこんなに素敵だったっけ?』と、改めて気付かされるような新たな魅力を描いていきたい」と発言している。

 前週は10.0%を記録し、1ケタ目前だった『ようこそ、わが家へ』。中盤で回復の兆しを見せたが、このままキープできるだろうか?

もはや「相葉雅紀を演じてる」ようにも見えちゃう

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  12. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  13. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  14. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  15. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  16. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  17. 新春ジャニオタ放談
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー