[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

関ジャニ∞、『関ジャム 完全燃SHOW』初回は4.3%! 「ゴールデン進出」の及第点は?

2015kanjamhp.jpg
『関ジャム 完全燃SHOW』公式サイトより

 関ジャニ∞の新番組『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)が、5月10日にスタートした。関ジャニ∞のレギュラー番組は、2011年4月に深夜枠で始まり、同9月にゴールデンタイムに進出した『関ジャニの仕分け∞』(同)が3月で終了。5月からは日曜午後11時15分~0時10分に時間帯を移し、ゲストのアーティストとコラボレーションを繰り広げる新音楽バラエティーが開始し、初回は岸谷香、西野カナが登場、視聴率は4.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録した。

 同番組は世代の違う2組のアーティストが登場し、バンドとしての活動もある関ジャニ∞のメンバーとトークやセッションを行うスタイル。トーク部分では錦戸亮&大倉忠義が進行役を担当し、「この番組ならでは」という新鮮なトークを展開。錦戸がスタッフから聞いた岸谷のあるあるネタを紹介するも、「大したネタじゃない」とバッサリ斬られてしまったが、西野が曲を作る際に企画書作りから始めることが明かされるなど、貴重なエピソードが飛び出した。

「初回は大倉、横山裕、渋谷すばる、安田章大が西野とコラボし、ヒット曲『Darling』を披露。渋谷は本番にあたって曲を聞き込んだようで、『(西野と)もう付き合ってる気分みたいになってきて。(曲に)入り込んでやろうと思って、いっぱい聞くから』と語るほどの気合の入れよう。岸谷も錦戸らと『ムーンライトストーリー』『M』を歌いましたが、関ジャニ∞ファンからは『2世代ゲストとのコラボが贅沢』『エイトだからできる番組』といった感想が上がっていました」(ジャニーズに詳しい記者)

 『仕分け』では関ジャニ∞がパネラーに徹していたため、メンバーの活躍シーンも少なく、一部ファンからは不満の声が漏れていた。しかし、新番組はゲストを迎えつつも関ジャニ∞が中心の番組になっており、ファンからは「『関ジャム』、『仕分け』より何倍も面白い」「『仕分け』みたいにならないで」というコメントも。また、番組ではセッションする前と後の出演者の姿もオンエアーされるなど、メンバーの素が垣間見える場面も高評価のポイントのようだ。

「次週予告では、ドラマ『ドS刑事』(日本テレビ系)に出演中の大倉と、5月23日に始まる舞台『ブルームーン』に出演する横山が不在だったこともあり、一部ファンは今後の体制を不安視しているようです。一方、『関ジャム』の前番組『初めて○○やってみた』は、5月3日の最終回で5.5%の視聴率を獲得。4月中も4~6%を獲っていただけに、『関ジャム』も初回以上に数字が伸びない限り、ゴールデン進出どころか、番組継続も厳しくなるでしょうね」(同)

 ひとまず初回放送に関しては、視聴者から好意的なコメントが上がっていた『関ジャム 完全燃SHOW』。次は、スタジオ、ロケ、歌などさまざまなジャンルの企画を行うという『関ジャニ∞クロニクル』(フジテレビ系)が、16日からスタート。こちらはどんな番組になっているのか、放送を楽しみに待ちたい。

ゴールデンだけが成功の証しじゃないしね~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!