[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

関ジャニ∞、『関ジャム 完全燃SHOW』初回は4.3%! 「ゴールデン進出」の及第点は?

2015kanjamhp.jpg
『関ジャム 完全燃SHOW』公式サイトより

 関ジャニ∞の新番組『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)が、5月10日にスタートした。関ジャニ∞のレギュラー番組は、2011年4月に深夜枠で始まり、同9月にゴールデンタイムに進出した『関ジャニの仕分け∞』(同)が3月で終了。5月からは日曜午後11時15分~0時10分に時間帯を移し、ゲストのアーティストとコラボレーションを繰り広げる新音楽バラエティーが開始し、初回は岸谷香、西野カナが登場、視聴率は4.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録した。

 同番組は世代の違う2組のアーティストが登場し、バンドとしての活動もある関ジャニ∞のメンバーとトークやセッションを行うスタイル。トーク部分では錦戸亮&大倉忠義が進行役を担当し、「この番組ならでは」という新鮮なトークを展開。錦戸がスタッフから聞いた岸谷のあるあるネタを紹介するも、「大したネタじゃない」とバッサリ斬られてしまったが、西野が曲を作る際に企画書作りから始めることが明かされるなど、貴重なエピソードが飛び出した。

「初回は大倉、横山裕、渋谷すばる、安田章大が西野とコラボし、ヒット曲『Darling』を披露。渋谷は本番にあたって曲を聞き込んだようで、『(西野と)もう付き合ってる気分みたいになってきて。(曲に)入り込んでやろうと思って、いっぱい聞くから』と語るほどの気合の入れよう。岸谷も錦戸らと『ムーンライトストーリー』『M』を歌いましたが、関ジャニ∞ファンからは『2世代ゲストとのコラボが贅沢』『エイトだからできる番組』といった感想が上がっていました」(ジャニーズに詳しい記者)

 『仕分け』では関ジャニ∞がパネラーに徹していたため、メンバーの活躍シーンも少なく、一部ファンからは不満の声が漏れていた。しかし、新番組はゲストを迎えつつも関ジャニ∞が中心の番組になっており、ファンからは「『関ジャム』、『仕分け』より何倍も面白い」「『仕分け』みたいにならないで」というコメントも。また、番組ではセッションする前と後の出演者の姿もオンエアーされるなど、メンバーの素が垣間見える場面も高評価のポイントのようだ。

「次週予告では、ドラマ『ドS刑事』(日本テレビ系)に出演中の大倉と、5月23日に始まる舞台『ブルームーン』に出演する横山が不在だったこともあり、一部ファンは今後の体制を不安視しているようです。一方、『関ジャム』の前番組『初めて○○やってみた』は、5月3日の最終回で5.5%の視聴率を獲得。4月中も4~6%を獲っていただけに、『関ジャム』も初回以上に数字が伸びない限り、ゴールデン進出どころか、番組継続も厳しくなるでしょうね」(同)

 ひとまず初回放送に関しては、視聴者から好意的なコメントが上がっていた『関ジャム 完全燃SHOW』。次は、スタジオ、ロケ、歌などさまざまなジャンルの企画を行うという『関ジャニ∞クロニクル』(フジテレビ系)が、16日からスタート。こちらはどんな番組になっているのか、放送を楽しみに待ちたい。

ゴールデンだけが成功の証しじゃないしね~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク