【うわさの会見場から】

柳沢慎吾、「ひとり甲子園」ネタの賞味期限に焦り!?  “ギックリ腰しんご”を決死のアピール

2015yanagisawashingo.jpg
『いい夢見ろよ! 柳沢慎吾祭り!!』/ポニーキャニオン

 本業は俳優の柳沢慎吾が、今年に入って芸能イベントに引っ張りだこになっている。1月には映画『猿の惑星:新世紀』レンタル記念イベント、2月には「春商戦向けパソコン販売促進施策」記者会見、3月には警視庁の「危険ドラッグ撲滅キャンペーン」、4月には「明治プロビオヨーグルトPA‐3」発売記念イベント、「レゴシティ トラックキャラバン」記者会見に出席。そして今月5日には、アニメ映画『スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!』のこどもの日イベントに登場した。

「一時期の石田純一のようなペースで、もはや“記者会見タレント”となりつつある。決めゼリフの『あばよ!』や、『ひとり警察24時』といった持ちネタに絡めたイベントもありますが、『とりあえず柳沢を呼んでおけば盛り上がるだろう』というキャスティング意図が見えます。会見では毎回、柳沢が自ら前説を担当するなど、本当に盛り上げ上手なんです。芸能レポーターにも積極的に絡んでいく柳沢だけに、テレビカメラが会見に入らなかったことはなく、PR会社からの信頼も厚いですね。ただ、柳沢の面白さは映像で生きるものの、文字に起こすと半減するタイプのため、スポーツ紙など活字媒体の出席率はそれほどよくないですが……」(芸能ライター)

 会見では、そのイベントの趣旨に関係あろうとなかろうと、「ひとり警察24時」「ひとり甲子園」などのモノマネを惜しみなく披露する柳沢。しかし、このペースで呼ばれていては、さすがに報道陣の反応を気にするようになったらしく……

「最近は新たな話のネタとして“ギックリ腰”を投入しました。4月末の会見中、いつもと同じパターンで会見が進む中、もともと持っていたというギックリ腰をタイミング良く再発。そこで笑いが起き、地べたに座り込みながらも会見を続ける姿は、ネット上で『さすがプロ』など称賛されました」(同)

 それに味を占めたのか、約1週間後の今月5日のイベントでは、前半こそ機敏な動きでネタを披露するなど大暴れしていたのに、「囲み会見になると突然ギックリ腰モードに。意味もなく遠くの小道具を触ろうとしたり、腰にキツそうな姿勢を取って『イテテ……』とアピール。報道陣に心配されると、『会見中にギックリ腰は史上初だったみたい! 名前変えますよ、ギックリ腰しんご。どう!?』と、実にイキイキと語っていました」(同)

 体調不良さえネタに変える柳沢だが、そろそろ回復後の“次の一手”に期待することにしよう。

ギックリ腰の神さまが慎吾ちゃんにKissをした

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  5. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  12. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  15. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  16. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  17. GENKING、元カレ質問で大失態
  18. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 煙たがられているゴリ押し若手女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. テレビとギャップありなジャニーズ

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー