[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

SMAP・木村拓哉『アイムホーム』12.6%! 渡瀬恒彦『9係』に抜かれ「テレ朝トップも厳しい」

2015imhome.jpg
『アイムホーム』(テレビ朝日系)公式サイトより

 初回16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、今期トップのスタートを切った、SMAP・木村拓哉主演ドラマ『アイムホーム』(テレビ朝日系)。前週は13.5%を記録していたが、5月7日に放送された第4話の視聴率は、12.6%だったことがわかった。裏の大島優子主演『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』(TBS系)には圧勝しているものの、初回以降は右肩下がりに数字が減少するなど、厳しい状況になってきている。

 今作がテレビ朝日の連続ドラマ初出演となる木村は、爆発事故に巻き込まれた影響で直近5年間の記憶が曖昧になってしまった主人公・家路久を演じている。1話ごとに過去を知るゲストが登場する形で、久が持っていた「10本の鍵」の謎に迫っていく過程を描いた作品だ。

「毎話、久が縁ある場所や人に出会うことで、会社や家庭の大事な記憶を取り戻すというお決まりの流れになっています。また、かつての久は証券会社のエリートサラリーマンでしたが、記憶を失くしたことでちょっと抜けたところのあるキャラクターになっているため、視聴者からは『キムタクはかっこいい役じゃない方がいいね』『1話ずつ完結するから面白い』と、評判は上々です。しかし、久の変化を丁寧に描く一方で、『面白いけど話の進展がスローすぎ』『「ヤメゴク」の方が面白い』と、展開の遅さに飽きてしまった人も少なくないようです」(芸能ライター)

 『アイムホーム』の視聴率は初回に16.7%を獲得して以降、14.0%、13.5%と徐々に下がってしまい、第4話で前週から0.9ポイントダウン。前週の同時間帯では、14.8%を記録した『カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)に負け、民放トップから転落してしまい、7日の放送でも引き続きトップを逃す結果となった。

「7日の『ケンミンSHOW』は13.5%で民放1位、『アイムホーム』は2位でした。3位は『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)で12.5%、4位は『和風総本家』(テレビ東京)で8.5%、民放最下位は『ヤメゴク』で6.2%という結果です。『アイムホーム』はテレ朝のドラマでは今期トップを走り抜けるものとみられていましたが、初回10.9%を記録した、渡瀬恒彦とV6・井ノ原快彦出演のドラマ『警視庁捜査一課9係』が追い上げを見せています。2話で13.1%、6日放送の3話は13.9%と、『アイムホーム』の最新視聴率を上回っていました」(同)

 同時間帯の民放トップを逃し、テレ朝ドラマの中でも『9係』に逆転されそうな『アイムホーム』。このままでは1ケタにもなってしまいそうな転落ぶりだが、果たして――。

渡瀬恒彦はしがないタクシードライバーじゃないよ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク