【うわさの会見場から】

「暴力最高!」「女、最近やってないっすね~」市川海老蔵、大失言連発にマスコミ絶句!

ebizo_boukoukaiken1226.jpg
海老蔵、あの記憶を取り戻せ!

 日々、多種多様な芸能イベントを取材して回る芸能マスコミの中で、早くも「今年のワースト会見になるのでは」とうわさされる“迷会見”が生まれたという。それは、3月30日、東京・日本テレビ内で行われた歌舞伎俳優・市川海老蔵の第3回自主公演『ABKAI 2015』製作発表会。演出家の宮本亜門、脚本家の宮沢章夫とともに登場した海老蔵は、終始、真剣味の足りない態度で、ついには大失言が飛び出したという。

「気心のしれた宮本と宮沢と一緒に舞台をやれることにはしゃいでいたのか、この日の海老蔵はやたらとハイ。アメーバが後援ということもあって、会見中に堂々とスマホを取り出し、自撮りして自身のアメブロにアップするなど、やりたい放題でした」(ワイドショーディレクター)

 今回の企画では、浦島太郎をモチーフにした『竜宮物語』、桃太郎を題材にした『桃太郎鬼ヶ島外伝』が上演されるという。海老蔵は『竜宮物語』では乙姫役、『桃太郎鬼ヶ島外伝』では鬼役を演じると発表された。

「海老蔵は、『いいんじゃないですか、乙姫。俺、結構キレイになっちゃうと思いますよ。妖艶な乙姫になっちゃうゾ!』と1人でノリノリ。『女か~。最近、やってないっすね~』と下ネタ風の発言も。『イメージは杉本彩さんっすね』と止まらない海老蔵に、報道陣も苦笑するばかりでした」(同)

 会見後、海老蔵1人で登場した囲み会見では、パネルに手をついてふんぞり返り、なぜかダルそうな態度で、「質問するディレクターにも『決まってんじゃん』『その質問、野暮ったいよ』などタメ口でしたね」(同)という。そして、ついに“失言”が飛び出す。

「鬼役の話題になったときに、『普通に鬼がやりたかった。鬼なら素でできる』と話し出し、『暴力最高! みたいな。余裕っしょ』と爆弾発言。これを聞いて、2010年の関東連合元メンバーによる海老蔵暴行事件を連想した取材陣は、不意を突かれてたのか爆笑。海老蔵はすっかり事件のことは忘れているようで『何で笑ってるの?』といった反応でしたが」(同)

 海老蔵の退場後、報道陣は「さすがにアレはダメでしょ」「小道具は(暴力事件で使われたという)灰皿とテキーラですか? って聞いちゃいそうになりました」と言い合っていたとか。スタッフは案の定、報道陣に「『暴力最高!』の部分は使用NGでお願いします」と対応に追われていたという。

 あれほど痛い目に遭っても、数年で「暴力最高!」と言えてしまうのは、ある意味“強靭な精神力”の持ち主ということかもしれないが……。

ワースト会見ではなくベスト爆笑会見の間違いでしょ?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク