教師から生徒への性被害 『スクールセクハラ』が「魂の殺人」といわれる理由

【messyより】

haruka-topcw.jpg

 「スクールセクハラ(以下スクハラ)」という言葉を聞いたことがありますか? これは、学校での、教師から生徒への性被害を指す言葉です。

 私は高校生3年生の時に、進路指導を担当していたSという教師から性被害を受けました。被害は卒業までの一年間、毎日のように続きましたが、誰にも相談できず、ただ耐えるしかありませんでした。

 私は10代後半から20代にかけ、異性関係でトラブルに合い、自分でも「男運が悪い」と思い続けていたのですが、元を正せば、すべての始まりは高校時代に受けたスクハラだったように思います。

 2013年、生徒へのわいせつ行為により、懲戒や訓告などの処分を受けた公立学校の教員は、全国で205名。文部科学省が調査を開始した1977年度以降、最多だったといいます(産経新聞2015年1月31日)。

 全国で205名という数字は、どう考えても少なすぎると思います。これは、氷山の一角にすぎません。その何十倍もの少女たちが、誰にも打ち明けられないまま、ひとりで苦しんでいるはずです。

 スクハラは長年、闇から闇へと葬られてきました。被害を訴える生徒がいたとしても、教師が否定したら「先生が正しい。生徒が嘘をついた」とされてしまう。学校での性被害は「あってはならないこと」だから「なかったことにしよう」とする構図は、いじめ自殺で、学校関係者が保身のために事実を隠すのと同じです。

続きを読む

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク