渡辺麻友ドラマ『書店ガール』4.6%惨状、人気脚本家にスランプ疑惑「沢尻エリカの時は面白かったのに……」

【日刊サイゾーより】

WATANABEMAYU0430.jpg
撮影=岡崎隆生

 AKB48の渡辺麻友と、女優の稲森いずみがダブル主演を務める連続ドラマ『戦う!書店ガール』(フジテレビ系/火曜22時~)の第3話が28日に放送され、平均視聴率4.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と最低記録を更新したことがわかった。

 初回から6.2%とつまずき、1996年4月に設けられた同連ドラ枠の初回において、歴代最低を記録した同作。それをさらに下回る今回の結果に、同局もお手上げ状態だ。

 第3話では、同僚の三田(千葉雄大)に告白するも、フラれてしまった亜紀(渡辺)。今度は小幡(大東駿介)から付き合ってほしいと告白されるも、「フラれたばかりで冷静な判断ができない」と返事を保留にする。そんな折、理子(稲森いずみ)を守ろうとした三田が、万引き犯に刺されてしまう。

 ネット上では……

続きを読む>>>

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク