【うわさの会見場から】

田辺誠一「かっこいい犬。もっちー」で商魂丸出し! “中の人”との謎の関係もうわさに

2015mocchi.jpg
『かっこいい犬。パーフェクトBOOK!』(ぴあ)

 俳優・田辺誠一が独特なタッチで描いたキャラクター「かっこいい犬。もっちー」の着ぐるみが、商魂を見せている。4月28日には、田辺の手を離れたもっちーが、東京都内で行われたユニクロのスマホ用アプリ「UTme!」の新サービス記者発表会に登壇した。

「もっちーが誕生したのは、田辺が公園で見かけたという犬のイラストを、Twitterで公開したことがきっかけ。その独特のタッチが話題を呼び、田辺は“田辺画伯”と呼ばれ、ネットを中心に面白がられる存在となりました。その後発売されたもっちーのLINEスタンプは、売り上げ3,000万円を超えたとも言われています。もともとはイラストだったもっちーですが、ついに今年3月、着ぐるみ化して3次元に進出しました」(芸能ライター)

 もっちーの活躍は多岐にわたり、ファンブック『かっこいい犬。パーフェクトブック』(ぴあ)の発売、個展『田辺誠一画伯・展 かっこいい犬。わんダーランド』の開催、ぬいぐるみ、トートバッグなどのグッズ販売と、留まるところを知らない。

「そして今回、田辺画伯の付き添いなしで芸能イベントに進出した流れです。ふなっしーなど、人気ゆるキャラと同じ立ち位置ですね。もっちーの公式HPによれば、もっちーへの仕事依頼先は田辺も所属する俳優系事務所のスタッフ・ポイント。同事務所はどちらかといえば商売っ気がない事務所なのですが、今回のもっちーにはかなり力を入れているようです」(同)

 事務所の期待を一身に背負うもっちーだが、その“中の人”についてはこんなうわさも。

「田辺と一緒にイベントに出席した際、田辺が立っているのにもっちーが座っていたり、マスコミがいないときに、田辺がもっちーに対して敬語を使っている場面も見られました。田辺より目上、かつとても近い関係者が中に入っているようだと言われています。所属事務所の先輩俳優では? と予想する人も」(イベント関係者)

 田辺のブログによれば、もっちーの活動目標は「1:お年寄りが尊敬されて、楽しく過ごせる世の中に」「2:全ての人が支え合い、笑顔でつながる世の中に」「3:子供の無限の可能性を守る」と、かなり真面目だ。今後も田辺と“中の人”のタッグで、お金儲けだけではない、より良い活動を目指してほしい。

「ヘタクソに描かなきゃ」のプレッシャーが渦巻いてる

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  5. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  6. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  7. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  8. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  9. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  10. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  11. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  12. テレビとギャップありなジャニーズ
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  15. GENKING、元カレ質問で大失態
  16. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  17. 西内まりや、なぜ月9主演受けた?
  18. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 松潤の飲尿プレイ疑惑にショック

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  4. テレビとギャップありなジャニーズ
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. カニエ、親族にゆすられていた