今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

本題からズレていく、土屋アンナ&甲斐智陽騒動に片をつける唯一の方法

annacd2014.jpg
『Sugar Palm』/MAD PRAY

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎アウトサイダーもお待ちしてます
 ロード並みに長くなりそうな嫌な予感に震える、土屋アンナVS甲斐智陽・訴訟騒動第二章。歌われていたという歌詞の内容はすごかった。「だってホントのことなんだもん」という甲斐氏のメンタリティもすごい。しかし、こんなオッサンが食いっぱぐれずやってこられた「業界」というものの奥深さが一番すごい。

 この甲斐って人、自分が裁判起こしたら土屋アンナに壊滅的なダメージを与えられると思ってたんだろう。なのにアンナは、騒動後もCMやバラエティに出続け順調そのもの。壊滅的なダメージ受けたのは自分だけ。「チッキショーーーッ!(←コウメ太夫風)」となって毎日憤怒ぶつけまくりの日々を送ってるうちに、アレがビンゴしたと。

 ……うーん。これ、怨念の強度からすると、最後は刃傷沙汰とかに発展しそうな予感がするんだが。ヤ〇ラ系雇って。でも、雇ったヤ〇ラ系より、土屋アンナの方が腕っぷしが強くて、返り討ちにしたりして。「今度来やがったらマジでやるからって、雇い主に言っとけ!(とどめ)」「ギャーッ」って。

 この2人の場合、「法廷」「訴訟」なんつうまどろっこしい手続き踏むよりも、ガチンコの決闘でもさせた方がスッキリ片付く気がするのだが。後楽園ホールでやったら人集まるだろう。勝っても負けても興行収入は折半。中継料は買った方が貰う。注目度としては、パッキャオ対メイウェザー並み。WOWOWさん、どうでしょうか。

◎幻冬舎案件か
 能年玲奈、洗脳騒動。いやでも、「洗脳」くらいの話があって初めて「最近見ないのはそのせいなんだ」とファンは一息つけるのではないだろうか。

 能年玲奈……。いまだ『あまちゃん』(NHK)のイメージしかないが、それは本人だけの責ではなく、「あまちゃん以外の能年玲奈はちょっと」という、ファンたちの無意識での意気阻喪が、なんか結界のように彼女を取り巻いているせいもある気がするのだが。

活躍はしてほしい。でも、活躍するってことはすなわち、ミニドレスで制作会見に出て、マスコミ向けに通りのいいコメントして、そのうちラブシーンなんかもこなして……というステップも入っているわけで。うーん。それはちょっと。できればそれなしでお願いしたい。それなしってどうやって。売り出す方も受け取る側も頭抱えて思考停止。今の能年玲奈の状況は「頓挫」という表現が一番しっくりくる気がする。

 洗脳が先か頓挫が先か。いっそのこと『生ゴミ先生と私』って、今までのすべてを綴った私小説でも書いてみるのが「それなしで」進む手になるのかもしれない。

◎信頼できる男
 今期イチオシのドラマ。この春最も熱いドラマ。今見るべきドラマ。それは、「朝ドラ」のいいとこ取りを、後出しジャンケン的に放り込んできた『天皇の料理番』(TBS系)……ではなく。テレビ東京の『LOVE理論』だぁ!

 片岡愛之助が、歌舞伎人生を棒に振りかねないキャラを怪演している注目作。いやぁ、金髪のヅラに変な服着て童貞に突飛な恋愛術を授けるキャバクラ店長役……。『半沢直樹』(TBS系)のオネエの検査官どころじゃないブッ飛んだ姿を、『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)の真裏のテレ東深夜で披露するという好事家っぷりに、「人を喜ばせるのが何より好き」という、エンターテイナーの矜持が見えて、いっぺんで愛之助ファンになりましたわ。

 しかし、彼を「ラブ様」と呼んで、歌舞伎界の貴公子としてお慕いしている王道の女性ファンたちは、「AV男優トカレフ鈴木」や「チェリーハンターあけみ」と同じ画面に愛之助が映るこのドラマを「出演作」にはカウントしないだろう。墓場まで持って行くんだろうなきっと。

 女性ファンの幻滅や、歌舞伎界からの白い目をものともせず、「笑」を選んだ愛之助。さすが熊切あさ美と付き合ってるだけのことはある。ド変人。女を幸せにするよりも、なすべきことがたくさんある運命。運命と書いて「さだめ」と読んで。とにかく、熊切あさ美の幸せはまだまだ遠いな。なんだこの結論は。

asokokenbun.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に(情報センター出版局)、1月16日に新刊(新潮社)発売。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク