[女性誌速攻レビュー]「VERY」5月号

セレブママばかりが登場する、「VERY」の「みんな違って、みんなイイ」特集の怪

very201505.jpg
「VERY」2015年5月号(光文社)

 今月の「VERY」(光文社)の表紙には正直度肝を抜かれました。デカデカと「VERY世代は、みんな違って、みんな、イイね!」と書いてあるではありませんか。最近の「VERY」は、「多様性を認めよう」という傾向だとはなんとなく気づいていましたが、ここまで堂々と掲げられるとは。金子みすずかよ! とツッコミたくもなりますが、早速中身を見てみましょう。

<トピック>
◎VERY世代は、みんな違って、みんな、イイね!
◎離婚届もらいに行ったことありますか?
◎ママたちの、ヒール復帰プロジェクト

■これが「VERY」の自己肯定力!

 「VERY世代は、みんな違って、みんな、イイね!」と言いながらも、実際の特集ページを見ると、ストレートに「多様化」や「ダイバーシティ」を取り上げているわけではないのが、「VERY」らしいところです。特集の最初には、次のように書かれています。

「女子大生のころ、雑誌に載っているモデルを見て、『○○ちゃんみたいになりたい!』なんて憧れていたけど、結婚して母になった今、VERYを見ても滝沢さんみたいになりたい!とは思わない。そうじゃなくて、滝沢さんもあんなに忙しいのにちゃんとキレイにしてる。私も頑張ろう!って思うんです」

 つまり、「もはや誰かにあこがれるまでもなく、自分も滝沢さんも同じく価値があるんだ」ということを読者に伝える特集というわけです。「みんな違って、みんな、イイね!」という言葉から自己肯定感を育むのが「VERY」。多様性を認めるには、「誰かと比べたりあこがれたりするよりも、自分らしくファッションを楽しもう」と、まずは自分自身を認めることから始めなければいけないんだなと気付かされました。

 しかし、読み進めるうちにある疑問が。この特集で「みんな違って、みんな、イイね!」の例として出てくるのが、なんと「ミス・ユニバースの同期5人」というメンツ。いやいや、みんな違ってないじゃん! と言わずにはいられません。「同じ境遇の人たち」という前提があった上での、「みんな違って、みんな、イイね!」というのが、この特集が本当に言いたいことなのでしょう。

「VERY」に離婚の2文字はタブーなのね……?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

セレブママばかりが登場する、「VERY」の「みんな違って、みんなイイ」特集の怪のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! VERY・女性誌速攻レビューのニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. アレク、不倫カーセックス写真は序の口!?
  2. 消えたタレント料理人たちは今
  3. 消えた“朝ドラヒロイン”女優はいま
  4. 神格化に疑問を感じる大物芸人は?
  5. イソフラボン配合はまやかし?
  6. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  7. 自称「女に嫉妬される」婚外恋愛女性
  8. デブのおばさん人気風俗嬢になったわけ
  9. プウ美ねえさん流体重キープ術
  10. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  11. 渡辺麻友の発言が報道NGのドタバタ劇
  12. “クビ寸前”野球選手の女子アナ妻
  13. 消えた女芸人・アジアン隅田美保は今
  14. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  15. 平愛梨&祐奈、姉妹揃ってアンチ急増
  16. 「演技うまくなった」と好評の大根役者
  17. 1日5回セックスしたい彼女と、4月しかヤりたくならない年下彼氏の性欲格差カップル
  18. 消えた人気女性アスリートは今
  19. 山本裕典、ベッド写真流出に新展開
  20. “クズすぎる男性タレント”暴露

ジャニーズの人気記事

  1. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  2. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  3. キスマイ・横尾、北山批判発言で波紋
  4. ジャニーズ春の卒業・進学事情
  5. 『VS嵐』女子アナ出演で炎上

カルチャーの人気記事

  1. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  2. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!
  3. 2世議員に覚せい剤使用のウワサ!
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 毒母問題の一因は、母を崇高化すること

海外ゴシップの人気記事

  1. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  2. 大金持ちと結婚した女性セレブ
  3. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  4. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  5. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参