石川敏男の芸能デスクレポート

“超低視聴率”時代へ! 視聴率1位2位がご長寿『笑点』『サザエさん』という現在のテレビ界

syouteeen_nittere.jpg
『笑点』(日本テレビ系)公式サイトより

 ビデオリサーチの視聴率をめぐり、テレビ局も出演者もスポンサーも一喜一憂する――その歴史も50年を超えた。娯楽が少なかった頃の視聴率は信じられないぐらい高かった。例えば、『第14回NHK紅白歌合戦』は81.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。また『おしん』(NHK)62.9%、『旅路』(同)56.9%、『ありがとう』(TBS系)56.3%、『8時だよ全員集合』(同)50.5%など、オリンピックなどのスポーツ番組を除いても、最高視聴率が50%を超える番組がいくつかあった。

 しかしこれも遠い昔の話で、娯楽が多様化してからのテレビ界は凋落の一途をたどっている。ここに、2015年4月17日から4月23日までの視聴率表がある。スポーツ番組、ニュース番組を除き、1位は『笑点』(日本テレビ系)で17.6%、2位は『行列のできる法律相談所 3時間SP』(同)と『サザエさん』(フジテレビ系)で17.1%。かつての視聴率50%には到底届かない。

 それ以降は、『人生の楽園』15.2%、『アイムホーム』(ともにテレビ朝日系)14.0%、『ザ!世界仰天ニュース』13.9%、『志村どうぶつ園』(ともに日本テレビ系)13.4%、『アド街ック天国』(テレビ東京)13.2%、『名探偵コナン』『人生が変わる1分間の深いい話』(ともに日本テレビ系)13.1%と続く。

 4月から始まった連続ドラマの同期間の視聴率は、『アイムホーム』が視聴率トップ、『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』(TBS系)6.7%、『医師たちの恋愛事情』(フジテレビ系)8.4%、『恋愛時代』(日本テレビ系)5.5%、『アルジャーノンに花束を』(TBS系)7.9%、『天使と悪魔―未解決事件匿名交渉課―』(テレビ朝日系)5.5%、『ドS刑事』(日本テレビ系)8.0%、『She』(フジテレビ系)4.2%、『ワイルド・ヒーローズ』(日本テレビ系)9.7%、『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)11.4%、『マザー・ゲーム~彼女たちの階級~』(TBS系)8.7%、『戦う!書店ガール』(フジテレビ系)6.4%、『Dr.倫太郎』(日本テレビ系)13.2%、『心がポキッとね』(フジテレビ系)7.5%といった結果が出ている。

 番組タイトルばかり並べたが、制作費を掛けたドラマがこんな視聴率では、テレビ局の編成も泣くに泣けない。では、お笑い芸人が出演しているバラエティ番組が視聴率を獲っているかと言うと、これも頭打ち。マツコ・デラックス(42)が出演する番組だけが、平均的に数字を獲っているという印象だ。

 この期間の視聴率表を見ると、1日を通して視聴率が10%を超えないテレビ局も散見される。20日と23日のTBS、18日以外のテレビ東京。フジテレビも、10%を超えたのが『めざましテレビ』だけという悲しい日が2日間(17日と21日)あった。それだけテレビが、飽きられているということなのか、「録画して後で見る」という家庭が増えたということなのか。こんな低視聴率では、競争にもならない。視聴率で、一喜一憂する時代は終わったのかもしれない。

石川敏男(いしかわ・としお)
昭和21年11月10日生まれ。東京都出身。『ザ・ワイド』(日本テレビ系)の芸能デスク兼芸能リポーターとして活躍、現在は読売テレビ『す・またん』に出演中。 松竹宣伝部、『女性セブン』(小学館)『週刊女性』(主婦と生活社)の芸能記者から芸能レポーターへと転身。

いや、笑点の師匠たちいまだに攻めの姿勢忘れてないよ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク