噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第264回】

能年玲奈の「洗脳」報道で見えてくる、女優&演出家の“信者”“教祖”的危うい関係性

syujyo0422.jpg
「女性自身」(光文社)5月12・19合併号

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

 ニコニコ超会議で、NHKだけ映らないアンテナなるものが出展された。なんと画期的なのか(笑)。NHK受信料についてはさまざまな議論がある。震災などの緊急時への対処や、クオリティの高いドキュメントを提供するNHKへの評価は高い一方、豪華な新社屋や職員の給与の高さや安倍政権とべったりの籾井会長の存在、繰り返される不祥事など、受信料を払いたくない側の論理は強大だ。そして問題のフィルターの値段だが、関東地方の地上波で税込み7,965円。うーん。今後、NHKがどう出るのか。楽しみではある。

第264回(4/23~28発売号より)
1位「能年玲奈豹変!! 同居で受け続ける『生ゴミ先生』の“洗脳”レッスン!」(「女性自身」5月12・19合併号)
2位「米倉涼子 『俺は別れねぇ!!』“モラハラ”夫 午前4時の“泥酔”咆哮!」(「女性自身」5月12・19合併号)
3位「イメチェンしても口を突いて出る「陰謀説」とマスコミの恨み節“LINEキモい府議”こと山本景・大阪府議」(「週刊女性」5月5日号)

 あのアキちゃんに、『あまちゃん』(NHK)の能年玲奈に、まさかの洗脳疑惑が! この衝撃的記事を報じているのが今週の「女性自身」だ。それによれば能年が所属のレプロンエンタテインメントに無断で個人事務所を設立し、自ら取締役に就任した。そのため事務所に造反か!? と一部メディアで話題となったが、しかし「自身」にはさらなる驚愕の事実が描かれていた。

 それが52歳の“能年の友達”だというA子による洗脳疑惑だ。そもそもA子は能年の事務所の依頼で演技指導を担当していた。A子は五社英雄の演出助手を務めた後、劇団を設立したとされるが、その後「タレントの個性魅力開発技術」と称するJメソードを確立。そしてまだ右も左もわからない能年に、Jメソードでスパルタ指導をしたという。

 記事によれば、その指導は「女優にならなきゃ生ゴミだよね」といった、精神的に“洗脳”するかのようなもので、能年はあっという間にA子に傾倒、ハマってしまい、その関係は教祖と信者ように変遷したのだという。そして現在、能年は新宿の自宅マンションでA子と同居しているとさえ言われているのだ。さらに、能年の自宅にはA子だけでなく、A子の教え子の女性までが出入りしていて、“集団生活”を送っている疑惑まで浮上。これが事実なら確かに“洗脳”と疑われても仕方がないものだ。大変だ!!

 これまで芸能界では数々の洗脳騒動が巻き起こってきた。記憶に新しいところでは中島知子やToshl、そして統一教会の桜田淳子、飯星景子、山崎浩子。怪しい“宇宙”整体師に洗脳された家族と断絶した貴乃花。複数の拝み屋に大金を投入した辺見マリなどなど。

 確かに浮き沈みの激しい芸能界において、占い好きは数知れず、怪しい霊能師などにハマる芸能人は少なくない。

芝居を志す人って、自分消したい願望強そうなイメージ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク