[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」4月28日号

現役か、降りるか……「婦人公論」世代が直面する、自身の中の「女」との向き合い方

現役か、降りるか……「婦人公論」世代が直面する、自身の中の「女」との向き合い方

 前号の「婦人公論」(中央公論新社)レビューでは、アーカイブ「宇野千代×瀬戸内寂聴対談」を取り上げましたが、今号にも人気作家同士の対談があります。山田詠美×よしもとばなな「食べる。笑う。死を思う。私たちは“成熟”でごまかさない」です。同時代にデビューした2人ですが、“公式”の対談は23年ぶりなのだとか。「私たちは“成熟”でごまかさない」というタイトルは、山田の「みんな、昔みたいに書けなくなっていくのを成熟という言葉でごまかすようになるのだけど、本当はどんどん冒険できるはずなんだよね」という言葉からきています。よしもとも「キャリアが長いとみんなどこか怠けてきちゃうから、キレがなくなっちゃう人も多いけど、(山田に)『よくぞ言ってくれた』と思うことがよくあって」とお互いを褒めつつ、“走り続けている私たち”をアピールしています。  宇野×寂聴対談は「いかに女として現役であるか」に重きを置いて、女として現役であれば作家の仕事も自ずと回っていくというような話だった一方、山田とよしもとは“女を降りた”からこそ作家として脂の乗った仕事ができるという論調。「私ねぇ、年をとって楽になったの。(中略)そう思って折り合いがついた瞬間から小説はさらに過激に描けるようになってきたって感じ」(山田)。女という魔物との戦い方も時代によって変わるということなのでしょうか。...

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

現役か、降りるか……「婦人公論」世代が直面する、自身の中の「女」との向き合い方のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性誌速攻レビュー婦人公論のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 中居正広、秋以降「新規CM内定」
  2. 『小さな巨人』大ヒットしないワケ
  3. 【元Jr.独占手記】初体験の相手はファン
  4. 深田恭子ファン、TBSに不満爆発!?
  5. 田中聖と自殺したAV女優の関係
  6. 岡副麻希、生放送中に居眠り!?
  7. あっという間にアンチ急増のタレント
  8. 「下半身が奔放すぎる」女子アナ3名
  9. 大麻所持の田中聖に陰謀説
  10. 【元Jr.独占手記】サンチェさんのこと
  11. 『ボク、運命の人~』低迷の3つの原因
  12. 「DHCクレンジングオイル」はなぜ成分非表示?
  13. 粉末の青汁で、野菜の栄養素は摂れる?
  14. 元Jr.独占手記…過酷なオーディション
  15. 福原愛は、なぜ急速に嫌われたのか?
  16. Matt、“美容中毒”キャラに冷めた声
  17. 『ミになる図書館』5.7%の大爆死
  18. クリトリスより感じる秘境「カリナ」って何!?
  19. フジの新たな被害者と予想される人気女優
  20. 相葉の月9、『流星の絆』にダブルスコアで敗北

ジャニーズの人気記事

  1. 中居正広、秋以降「新規CM内定」
  2. 【元Jr.独占手記】初体験の相手はファン
  3. 【元Jr.独占手記】サンチェさんのこと
  4. 田中聖と自殺したAV女優の関係
  5. 元Jr.独占手記…過酷なオーディション

カルチャーの人気記事

  1. 酒鬼薔薇の文字はなぜゾワゾワする?
  2. 知られざる筆跡鑑定の世界
  3. 35歳の婚活はデニムでOKの「Domani」
  4. DV夫から逃げるためにシェルターへ
  5. 性病検査を受ける男はカッコいい

海外ゴシップの人気記事

  1. 一流歌手出演の駄作映画
  2. ケイティ、ファンとの無防備ハグに賛否両論
  3. ヒュー・ジャックマン、「マリカー」に大興奮
  4. 怒られたジョージ王子がかわいすぎる
  5. コリン・ファレル、陰毛処理を失敗