[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」4月28日号

現役か、降りるか……「婦人公論」世代が直面する、自身の中の「女」との向き合い方

現役か、降りるか……「婦人公論」世代が直面する、自身の中の「女」との向き合い方

 前号の「婦人公論」(中央公論新社)レビューでは、アーカイブ「宇野千代×瀬戸内寂聴対談」を取り上げましたが、今号にも人気作家同士の対談があります。山田詠美×よしもとばなな「食べる。笑う。死を思う。私たちは“成熟”でごまかさない」です。同時代にデビューした2人ですが、“公式”の対談は23年ぶりなのだとか。「私たちは“成熟”でごまかさない」というタイトルは、山田の「みんな、昔みたいに書けなくなっていくのを成熟という言葉でごまかすようになるのだけど、本当はどんどん冒険できるはずなんだよね」という言葉からきています。よしもとも「キャリアが長いとみんなどこか怠けてきちゃうから、キレがなくなっちゃう人も多いけど、(山田に)『よくぞ言ってくれた』と思うことがよくあって」とお互いを褒めつつ、“走り続けている私たち”をアピールしています。  宇野×寂聴対談は「いかに女として現役であるか」に重きを置いて、女として現役であれば作家の仕事も自ずと回っていくというような話だった一方、山田とよしもとは“女を降りた”からこそ作家として脂の乗った仕事ができるという論調。「私ねぇ、年をとって楽になったの。(中略)そう思って折り合いがついた瞬間から小説はさらに過激に描けるようになってきたって感じ」(山田)。女という魔物との戦い方も時代によって変わるということなのでしょうか。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

現役か、降りるか……「婦人公論」世代が直面する、自身の中の「女」との向き合い方のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性誌速攻レビュー婦人公論のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 浜崎あゆみ、日テレに仰天クレーム!?
  2. 浜崎あゆみ“芸人化”が止まらない!?
  3. 浜崎あゆみに見る「メンタルの老い」
  4. 『僕たちがやりました』に「胸クソドラマ」
  5. 『カンナさーん!』シシド批判の嵐
  6. 橋本環奈は、なぜブレークしないのか?
  7. 浜崎あゆみ、自宅公開でトホホな展開
  8. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  9. GACKTはなぜ芸能界から消えない?
  10. 『コード・ブルー』初回、批判噴出した展開
  11. ジャニーズの「BL営業」舞台裏
  12. 松居一代、船越のヅラを暴露
  13. R・ケリー、セックスカルト形成?
  14. 近藤真彦、メリーからの深い寵愛
  15. 『過保護~』高畑の演技が賛否
  16. 嵐・二宮、木村拓哉に「良い後輩」顔?
  17. 「素行不良」とウワサされる若手女優
  18. ローラ洗脳記事は事務所の嫌がらせ
  19. KinKi Kids、中居正広&木村拓哉からの「激励メール」明かす! 剛不在の20周年イベントに感動の声
  20. 「オワコン女優」認定の3人は?

ジャニーズの人気記事

  1. ジャニーズの「BL営業」舞台裏
  2. 『コード・ブルー』初回、批判噴出した展開
  3. 近藤真彦、メリーからの深い寵愛
  4. 嵐・二宮、木村拓哉に「良い後輩」顔?
  5. KinKi Kids、中居正広&木村拓哉からの「激励メール」明かす! 剛不在の20周年イベントに感動の声

カルチャーの人気記事

  1. 「山口敬之レイプ疑惑」に新事実も!?
  2. 東京新聞・望月記者が語る政権の裏側
  3. 船越英一郎、バイアグラで副作用?
  4. 『コード・ブルー』より厳しい救急現場
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. R・ケリー、セックスカルト形成?
  2. アーロン・カーター、兄ニックを批判
  3. 知っておきたい、カーダシアン家の10大事件
  4. アシュトン・カッチャーまた浮気?
  5. 未婚の父となったC.ロナウド、”出来ちゃった”ではなく計画的な代理母出産だった!