あの鬼電100本騒動再び??

大竹七未の元Jリーガー夫が「タイ人を妊娠させ逃亡」!?  2ショット流出も「合成」と苦い弁明

ootakenami_blogg.jpg
大竹七未オフィシャルブログより

 元なでしこジャパン・大竹七未と夫の元サッカー選手・弦巻健人夫妻が、ネット上でにわかに注目を集めている。弦巻は昨年、タイ・ディヴィジョン1リーグのアユタヤFCに移籍したが、今年2月頃から「現地女性と浮気をして、妊娠させた上に日本に逃げ帰った」などという、物騒な情報が拡散されているのだ。この事態にネット上は大騒ぎとなり、22日発売の「週刊新潮」(新潮社)は、弦巻本人への直撃取材を行っている。

「夫婦が話題を集めたのは2012年10月。弦巻がFacebook上で知り合った一般女性と連絡を取り合っていたところ、関係を疑った大竹が大激怒し、『週刊ポスト』(小学館)で『女性に対して一夜の間に100回以上も電話発信を行った』と報じられました。“鬼電100本”などと物騒な言われ方をしたものです。現在、大竹は解説者・タレントとしてテレビ露出を増やしており、また一方で弦巻は、昨年タイリーグへ移籍したものの人知れず現役を引退しており、現在は都内でファッション関係の職についています」(スポーツ紙記者)

 そして今回、弦巻を告発したのは「nam」というアカウントのタイ人女性。「2014年4月27日、私は出産の赤ちゃん(健人の鶴巻)を得た」「彼は私に謝罪しなかった場合、(中略)私は弦巻健人のアクションの大使館に通知します」など、翻訳ソフトを使用したとみられる告発文を投稿。さらには、弦巻とのツーショット写真から、身ごもったという胎児のエコー写真まで、TwitterやFacebookなどSNS上に多数アップしている。

「女性がアップした写真は、浜辺で顔を寄せ合っている2ショット写真や、弦巻のパスポートも含まれていました。『新潮』の取材に弦巻は、『2人で撮った写真の背景に海の風景を合成させたんですよ』『妄想でストーリーを作り上げているわけで、妻も全部理解してくれています』と弁明していますが……」(同)

 ここ最近、岡田斗司夫氏やテレンス・リーなど、関係を持ったとされる女性からSNS上で“告発”されるという騒動が相次いでいるが、「彼らの共通した言い訳が、『写真は合成』というもの。岡田氏はその後、合成ではないことを認めていますが、単なるイタズラ目的でニセ写真を作成したとは考えにくく、弦巻の場合も苦しい弁明と言えるでしょう」(同)

 そして気になるのは、大竹の言動だが、夫婦に近い関係者によれば「もうあの人には、鬼電を100本かけるなんて気力もないみたい」という。

「大竹さんはこの件について、弦巻さんを追求する様子はまったくありません。親しい人に『自分もいい年だし、もう彼を信用するしかないから……』と、諦めの境地で語っていました。幸い、この件はネット以外では話題にもなっていないため、『早く炎上が過ぎ去ってくれたらいいのに』と風化を祈っているみたいですよ」(同関係者)

 事態はこのまま収束していきそうな気配だが、“合成写真”との弁明は果たして真実なのだろうか? 少々しこりが残る結末となってしまいそうだ。

写真合成技術への期待値が高すぎる男たち……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  12. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  13. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  17. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  18. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー