仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

小籔千豊は、なぜ美魔女に怒るのか? 「白髪染めを我慢する母」賛美の単純すぎる本心

koyabu_prf.jpg
小籔千豊公式プロフィールより

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「私、服にお金かけたくない。このシャネルは、お母さんが捨てるって言うたから、もらってん」小籔千豊
『ざっくりハイタッチ!』(テレビ東京、4月19日放送)

 誰にも迷惑かけてないし、心の中で満足しているんだから、いいと思うんです――美魔女問題は、初代グランプリ美魔女、草間淑江氏の一言で全て解決できると思うのだが、お笑い芸人・小籔千豊はどうしても彼女たちを捨て置けないようである。インスタグラムに「今日のネイルだょ」と題して、自らの素爪をアップするなど、女性を痛烈に皮肉っている。『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)においては、美魔女に対して以下のように主張した。

1.エステやネイルサロンより、書店がはやっている世の中でないとおかしい。
2.美魔女は美と経済力に恵まれた特別な人なんだから、「普通の主婦」ヅラしないでほしい。そういう言い方をするから、普通の主婦が私も行かなければとネイルサロンに走り出す。
3.自分磨きばっかりする美魔女だけでなく、その反対側、白髪染めを我慢して、子どもの塾代に充てているオバハンをもっと賛美すべき。

 1と2の主張から気付くだろう。小籔の主張の「戦犯」は、美魔女を取り上げる側(出版社)と受け止める側(読者)であり、美魔女は無実である。問題は3の主張である。白髪染めを我慢して子どもの塾代に充てるオバハンは、人口比で言えば、夫や本人が会社経営者で、月々7~8万円の美容代を捻出できる美魔女より、はるかに多いはずだ。故に小籔を「庶民の味方」ととらえる人もいるだろうが、「経済的に恵まれた美魔女<子どものために我慢するお母さん」という図式は、つきつめていけば「金のある母親は、楽をしている」「子どもの犠牲になることが、あるべき母親の姿」という決めつけではないだろうか。

 「白髪染めを我慢する母」の真意が見えてくるのは、19日放送の『ざっくりハイタッチ!』(テレビ東京)である。「こんな服を女性に着てほしい!」という企画で、レギュラー陣がモデルを妄想彼女に見立てて、好みの服を着てもらう(どんなシチュエーションで、なぜその服にしたかも、芸人が語る趣向になっている)内容だ。小籔は「普段は古着のGパン&Tシャツで着飾ったりしない」彼女と、オペラを見に行った帰りに、食事の約束をする。いつもと違うフォーマルな姿に驚く小籔に、彼女が言う言葉(企画上、小籔が言わせた言葉)が「私、服にお金かけたくない。このシャネルは、お母さんが捨てるって言うたから、もらってん」である。

小籔の金を奪おうとしてるワケじゃないから落ち着いてよ~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  5. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  14. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  15. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  16. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  17. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  18. GENKING、元カレ質問で大失態
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. テレビとギャップありなジャニーズ

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  4. テレビとギャップありなジャニーズ
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー