忘れた頃にやってくる

“現役議員”山本太郎の元妻がAVデビュー! フィリピン移住計画、義父DV告発の過去も

2015yamamototaro.jpg
元妻に与えたトラウマはでかい

 参議院議員・山本太郎が反原発活動を開始した時期に、わずか3カ月で離婚したことが話題になっていた元妻・割鞘朱璃さんが、AV出演すると17日発売の「フライデー」(講談社)が報じている。サーフィンを通じて知り合ったという山本と割鞘さんは、出会いから1カ月のスピード婚、しかしその翌年には離婚が明らかになるという異様な展開を見せていたが……。

 「フライデー」によると、割鞘さんは“芹菜々子”名義で今月14日にヌード写真集を発売。さらに、今年6月にはイメージAVをリリースする予定だという。すでに撮影済みというこの作品は、当初は男優との絡みもあるAVとして発売される予定だったそうだが、何らかのトラブルのためソフトAVへと方向転換することになったのだとか。割鞘さんは山本と離婚後、大阪・北新地のキャバクラに務めているといわれていたが、どういった経緯か、この度のAVデビューとなったそうだ。

「割鞘さんがメディアに登場しだしたのは、まだ山本の出馬が取り沙汰される以前のこと。当時2人は、ブログで“フィリピン移住計画”を発表したことで、話題になっていました。また2012年6月には、『女性セブン』(小学館)で、割鞘さんが義理の父親にDVを受けていたこと、自身のブログを乗っ取られ、勝手に書き込みをされていると告発しました」(芸能ライター)

 ところが、参院選を通過後の13年8月、山本と割鞘さんはたった3カ月で離婚していたことが明らかに。山本は発表を遅らせたことについて、「実家から彼女を守るため」などと発言していたが、ネット上では「選挙への悪影響を考慮しただけでは」と批判を浴びていた。

「一部週刊誌では、山本がかつて未成年の少女に乱暴し、その口止めを暴力団関係者に依頼していたと報じられました。それとほぼ同時期には、一般女性と事実婚状態にあり、籍を入れない状態で一児を授かっていたことも発覚したんです」(同)

 そして、その後はほぼ消息不明となっていた割鞘さんだったが、突然メディアに登場したと思えば、まさかのAVデビュー。「突拍子のない報道だけに、単なるマッチポンプ感は否めない。現役議員の元妻がAVデビューというのはセンセーショナルなので、出版社やメーカーがグルになっての話題作りでしょうか。いずれにせよ、山本と結婚したのをきかっけに迷走したのは確かでしょう」(同)という。

 スピード離婚から約3年。再びメディアに登場することとなった割鞘さんだが、果たしてその真意は――。

絶対に巻き込まれたくない山本太郎という現象……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク