その他
【ジャニーズ研究会レポート】

“月9”らしからぬ作品で低視聴率も、“怖がる相葉雅紀”が新鮮な『ようこそ、わが家へ』

“月9”らしからぬ作品で低視聴率も、“怖がる相葉雅紀”が新鮮な『ようこそ、わが家へ』

 嵐・相葉雅紀、初の“月9”主演ドラマとして話題となっていた『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)の第1話が4月13日に放送され、平均視聴率13.0%を記録しました。月9の初回としては、戸田恵梨香と三浦春馬がダブル主演した2011年の『大切なことはすべて君が教えてくれた』の12.1%に次いで、ワースト2位。過去の嵐メンバーの月9作品と比べても、大野智主演『鍵のかかった部屋』(12年)の18.3%、松本潤主演『失恋ショコラティエ』(14年)の14.4%と差がつき、先行きが不安となる結果となってしまいました。  原作は『半沢直樹』『ルーズヴェルト・ゲーム』で知られる人気作家・池井戸潤の同名小説。平凡な一家がストーカー被害の恐怖に立ち向かう姿が描かれます。相葉演じる主人公・倉田健太の父親役に寺尾聰、母役に南果歩、妹役に有村架純が出演。また、健太とともにストーカーを追うヒロイン役に沢尻エリカ、そのほか竹中直人、足立梨花、ストーカー被害の鍵を握っていそうな重要な役にジャニーズWESTの藤井流星と、豪華なメンバーが脇を固めています。...

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

“月9”らしからぬ作品で低視聴率も、“怖がる相葉雅紀”が新鮮な『ようこそ、わが家へ』のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 木村拓哉、“娘”タブーを解禁の焦り
  2. 前田敦子、北川景子との“格差”に不満!?
  3. 山本裕典は、前田敦子の“最初の男”!?
  4. 前田敦子、食事姿が「下品」と炎上
  5. 前田敦子、棒演技なのにオファー続くワケ
  6. 嵐・櫻井ドラマ、局内から反感
  7. ラルク、「kenだけ孤立」のウワサ
  8. 嵐・相葉、伯母が嵐商法?
  9. 城島と国分の“好感度”格差
  10. 『あなたのことは~』東出はミスキャスト?
  11. ラブホ回でニヤつくA.B.C-Z
  12. 『3月のライオン』後編もトップ3圏外
  13. さんま、嵐と共演で「松本は一番イヤ」
  14. ジャニーズドラマが不振、春ドラマ
  15. 嵐・相葉『貴族探偵』小ネタがウザい?
  16. YUKIの見た目年齢は「20代後半」
  17. ラルク、国立最終公演出演を危惧する声
  18. さくらまや「別人!?」と視聴者あ然
  19. 最も衝撃的だった嵐のスキャンダル
  20. 中居&香取の共演にファン歓喜

ジャニーズの人気記事

  1. 嵐・櫻井ドラマ、局内から反感
  2. 嵐・相葉、伯母が嵐商法?
  3. 城島と国分の“好感度”格差
  4. ラブホ回でニヤつくA.B.C-Z
  5. さんま、嵐と共演で「松本は一番イヤ」

カルチャーの人気記事

  1. 「カワイイ」とちやほやされてきたお嬢様な私が、貧乏くっさ~い女に負けるなんてあり得ない!
  2. LGBTや内縁関係でも入れるお墓
  3. 「婦人公論」保奈美の新連載がヤバイ
  4. 孤独死まっしぐらのアラフィフ姉……「お気の毒♪」って笑ってたら、私も突然未亡人に!?
  5. 高島彩「Domani」で優等生発言

海外ゴシップの人気記事

  1. リアーナ、女王のコラ画像を投下し再炎上
  2. ビヨンセ、インスタと現実が別人レベル
  3. メル・B、離婚申請した夫に3Pを強要された
  4. ケイト・アプトン、爆乳がこぼれんばかり
  5. G・パルトローのサイトでセックス特集