[ジャニーズ・メディアの裏側]

SMAP・木村拓哉『アイムホーム』、上戸彩妊娠報道に浮かび上がる“ジャニーズ”異例の低姿勢

2015imhome.jpg
『アイムホーム』(テレビ朝日系)公式サイトより

 ヒロインを務める連続ドラマ『アイムホーム』(テレビ朝日系)の初回放送を目前に控えた上戸彩が、第一子妊娠を発表した。2012年9月にEXILE・HIROと結婚した上戸にとって、まさに待望の懐妊となったが、このタイミングでの発表は異例中の異例だという。

『アイムホーム』はSMAP・木村拓哉が、テレ朝で初めての連ドラ主演とあって、発表前から関係者の間で注目を集めていた。11年の『南極大陸』(TBS系)は平均視聴率20%に届かず、13年の『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』(同)に至っては、第4話と第9話で10.3%と、1ケタ台が目前となっていた木村にとって、新天地・テレ朝でのドラマ主演は起死回生をかけた大勝負になると見られていた。

「ところが放送開始直前の妊娠発表とあって、完全に話題を上戸に持っていかれてしまいました。これでは、上戸が『ジャニーズ事務所の主演を食ってしまった』という状態だけに、業界で強い権力を持つジャニーズ事務所の出方次第では、降板やペナルティが課せられても決しておかしくありません」(芸能プロ関係者)

 しかし、木村は13日に登壇したTOYOTAのPRイベントで、「上戸さんもHIROさんも、いい報告ができてよかったなと思います」と上戸を祝福。さらに「現場では自分らもスタッフも、できるだけ配慮していけたら」と気遣う発言も見せていた。そして同日、ドラマの収録現場では、木村が上戸にブランケットが贈ったことも報じられている。

「このジャニーズサイドの下手下手の対応は、『アイムホーム』では完全に木村が“ゲスト扱い”であるためでしょう。同作が放送される木曜夜9時の『木曜ドラマ』枠は、ジャニーズとは縁もゆかりもない放送枠で、米倉涼子主演の大ヒット作『ドクターX~外科医・大門未知子~』や武井咲主演『ゼロの真実』など、上戸所属のオスカープロモーションが幅を利かせているんです」(同)

 安定した視聴率が約束されているこのオスカー枠に、いわば“乗っかる”形での主演を取り付けたジャニーズ事務所。木村としては視聴率低下のレッテルを撤回すべく、「恥を承知で参戦したと業界内では見られている」(同)という。

「木村の主演ドラマの台本は、キャスト一覧の1ページ目にまず『木村拓哉』の名前だけが書かれるのが通例となっています。しかし、『アイムホーム』の台本では上戸、木村の順番に名前が書かれているんです。準主役はむしろ木村の方だと言わんばかりの扱いですね」(週刊誌記者)

 こうして、オスカーにひれ伏しての視聴率狙いに加えて、完全に上戸を立てる形でスタートを切ることにとなってしまった木村。放送直前から異例の展開だが、果たして『アイムホーム』は木村の起死回生を成就させることができるのだろうか?

高視聴率でスマートに外野を黙らすのが“キムタク”の在り方

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  5. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  6. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  7. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  12. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  18. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム