剛力彩芽は、やっぱり低視聴率女優!?『天使と悪魔』初回6.4%で「金曜ナイト」史上ワースト2位に……

gouriki0129.jpg

【日刊サイゾーより】

 剛力彩芽と渡部篤郎が初タッグを組んだ連続ドラマ『天使と悪魔』(テレビ朝日系/金曜23時15分~)の初回が10日に放送され、平均視聴率6.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。2000年4月に設けられた「金曜ナイトドラマ」枠の初回史上、昨年放送された高橋克典主演『匿名探偵』の5.7%に続くワースト2位であることがわかった。

「剛力は、同枠の昨年1月クール『私の嫌いな探偵』でも主演を務めたが、この時は初回10.0%と健闘し、評判も上々だったため、今回の再起用となったそう。しかし、前クールで低調だった亀梨和也主演『セカンド・ラブ』の初回8.2%をも、大きく下回ってしまった」(テレビ誌記者)

 『天使と悪魔』は、天使のような新人警察官と、悪魔のような天才弁護士が、司法取引という交渉によって未解決事件の真相に迫るサスペンスストーリー。初回は、ゲスト俳優として高岡早紀が登場した。

 ネット上では……

続きを読む>>>

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク