離婚待ったなし!?

米倉涼子の夫「別れたくない」と愚痴!? モラハラ報道過熱でうわさされるオスカーの暗躍

yonekuraryouko01.jpg
上戸彩妊娠発表のタイミングも気になる

 2014年12月末、2歳年下の会社経営者男性(以下A氏)と結婚したものの、早くも別居報道、さらには「離婚間近」ともいわれている女優・米倉涼子。本人や所属事務所から、離婚についての言及はないままだが、14日発売の「女性自身」(光文社)は米倉が再スタートに向けてベッドを購入する姿をキャッチしている。また同日発売の「フラッシュ」(光文社)と「週刊女性」(主婦と生活社)では、“モラハラ疑惑”が伝えられるA氏の様子を報じている。

 「女性自身」によると今月6日、都内で仕事を終えた米倉が向かった先は高級ベッドの専門店。高額なものだと200万円程になるというオーダーメイドのパンフレットに目を通す彼女の左手薬指には、指輪はなかったという。米倉はA氏と結婚後に住んでいたマンションをすでに引き払っており、自分の所有する元のマンションも「彼との記憶を捨てる」ため現在リフォーム中。オーダーしたベッドの配送先は、やはりこの“出直し新居”で、宛名を尋ねられると夫の姓は名乗らずハッキリと「米倉です」と答えたという。

 A氏といえば、先週一部週刊誌で米倉に対する“モラハラ疑惑”が報じられた。A氏が米倉の荷物を処分させようと怒鳴りつけたり、一晩中正座をさせ、「全部変」などと“人格否定”をし、さらには公衆の面前で罵倒や首絞めを行ったことなどが伝えられた。A氏は記者の直撃に苛立ちを露わにするも、モラハラについて否定はしなかったという。

「夫婦仲の不協和音については、2月の時点でいち早く『女性自身』が報じていたものですが、今月に入ってからはスポーツ紙報道を皮切りに、A氏についてのネガティブ情報ばかりが、盛んに報じられるようになりました。自宅での会話など、2人にしかわからないような情報が満載だったこともあり、情報元は米倉が所属するオスカープロモーションとみられています」(週刊誌記者)

 現在、仕事のため大阪を拠点にしているというA氏だが、その近影を撮影したのは「フラッシュ」。市内のオフィスビルから現れたA氏の左手薬指にも、指輪は見当たらなかったという。夜には繁華街・北新地の高級キャバクラを飲み歩き、「涼子と別れたくない」と愚痴をこぼすA氏も目撃されているようだ。また「週刊女性」によると、A氏が米倉に高圧的態度をとっていたことを概ね認める友人が、2人について「バレンタインデーの夜に何かあった」と話しているとのこと。米倉とのバレンタインディナーを自慢していたA氏が、その後「離婚すると思う」と話したという。

「あまりにも米倉サイドの言い分ばかりが大きく報じられているだけに、情報源がない他誌は仕方なくA氏の立場からの記事を心がけているようですが……。すでに米倉は別離を決意しているようで、離婚が成立するまで、A氏との形勢が逆転することもないでしょう」(同)

 この状況下では、米倉の離婚に待ったがかかることは、もはや期待できなくなりそうだ。一方的なA氏に対する批判報道が鳴り止むことなく正式発表に至るのか、今後も両者の動向に注目が集まる。

『ドクターX4』の楽しみにしてるから

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク