[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

山下智久『アルジャーノンに花束を』、初回11.5%!「ムキムキな体が役に合わない」の声

algernon2015.jpg
『アルジャーノンに花束を』(TBS系)公式サイトより

 山下智久が主演を務めるドラマ『アルジャーノンに花束を』(TBS系)が4月10日に初回を迎え、視聴率は11.5%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)を記録したことがわかった。昨年の“スマホ窃盗”事件以来、初の連続ドラマとなった山下だが、まずは生田斗真&小栗旬出演の前枠『ウロボロス~この愛こそ、正義。』の初回視聴率11.5%と変わらず、2桁スタートを切った。

 原作は1959年にダニエル・キイス氏が発表した作品で、2002年にはフジテレビ系でユースケ・サンタマリア主演の連ドラが放送された『アルジャーノンに花束を』。今回は野島伸司氏が脚本監修を担当し、設定も現代版にアレンジ。山下は、知能が6歳児並という知的障がいを持つ主人公・白鳥咲人役で、脳外科手術で天才的知能を得たものの、葛藤していくという難しい役どころだ。

「初回放送前には、予告動画に『はんぐる』という文字が含まれていたことで、ネットユーザーの注目を集めました。また、ユースケ主演版を見ていた多くの視聴者が今作を見守っていたようですが、山下の演技については『ユースケの方がよかった』『ユースケと比べて演技がヘタ』という批判的な声も見受けられました」(芸能ライター)

 一方、知的障がいを持ちながら花の配送センターで健気に働く咲人の姿には「山Pの演技に涙した」と、高評価の声も出ているが……。

「第1話では、咲人が『イケメン』として仲間からナンパを頼まれる場面がありましたが、ネット上では『イケメンすぎて役柄的に違和感ある』『今回の欠点は山ピーがイケメンすぎること』という声や、お風呂に入るシーンなどで山下が“ムキムキ”の肉体をさらしてしまったため『体つき良すぎて役と合ってない』『この役でこの体の仕上がりはヤバすぎ』といったツッコミが入っていました」(同)

 また今作は1995年放送で野島氏が脚本を手がけたドラマ『未成年』(TBS系)に出演していた、いしだ壱成、河相我聞の登場に胸を熱くする人もおり、「『未成年』世代をガッチリつかんだ」との声も出ている。13年夏に放送された山下主演の月9ドラマ『SUMMER NUDE』(フジテレビ系)は初回17.4%と好スタートを切り、全話平均12.7%を記録していたが、果たして今作の視聴率はどう変化していくのだろうか?

微笑んでるだけで存在価値があるのが、人類のキセキだから……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  17. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー