KAT-TUN「KISS KISS KISS」はなぜ郷愁を誘う? ハイブリッドな音楽性を読み解く

20150131-kamenashikazuyath_.jpg
KAT-TUNの亀梨和也。

【リアルサウンドより】

 ある時期まで、日本の歌謡曲の底流にはマイナーなラテン風味が強くあった。ムード歌謡からリズムものまで、リスナーにそうと意識されずとも、ラテン音楽を取り入れた日本の歌謡曲は多い。このような日本におけるラテンの受容(必ずしも、本格的ではない)はしかし、80年代あたりから徐々に薄まっていって、歌謡曲からJポップへと呼びかたが変わる頃には、ほとんど消滅していたのではないかと思う。筆者が音楽に関心を持った頃は、すでにJポップ化が完了していたので、日本におけるラテン音楽の影響を知るのは、ずいぶんあとになってからだ。黒人音楽に関心があった筆者が、自分が生まれるより以前の歌謡曲を好んで聴くようになったのは、いまから振り返れば、同時代には失われていたラテン音楽性に反応していたところがある。

 KAT-TUN「KISS KISS KISS」は、そんなラテンの哀愁を見事に打ち出している。一聴した印象は、敏いとうとハッピー&ブルー「星降る街角」とバリー・マニロウ「コパカバーナ」を足したようだ、といった感じか。その意味で「KISS KISS KISS」には、誤解を恐れずに言えば、独特の古臭さを感じる。アイドルポップスは数あれど、このようなかたちで歌謡曲への目配りを効かせているのは、管見の限りではジャニーズだけだ。さすが、戦後歌謡史の真ん中を歩んできただけのことはある。筆者のような立場からすると、こういった点に、EXILEやAKB48との決定的な差を感じてしまう。中南米成分の有無は、個人的には、ポップスを聴くうえで重要な基準だ。

続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

KAT-TUN「KISS KISS KISS」はなぜ郷愁を誘う? ハイブリッドな音楽性を読み解くのページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! リアルサウンドのニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 横山裕&田中みな実、交際は事実の証言
  2. 指原莉乃、放送事故で大ピンチ!?
  3. ともさかりえ、略奪再婚の離婚劇
  4. 東京03、過激LINE流出騒動に疑惑
  5. ブルゾンちえみ、パクリ疑惑が続出
  6. 指原“STU48加入”に博報堂が反発!?
  7. 安藤美姫の誘いを断る羽生に絶賛の嵐
  8. NEWS・小山、元カノは「元AKB48」
  9. 『PとJK』、空前絶後の大コケ
  10. 小倉優子がママタレとして狙うべきもの
  11. 藤原紀香「写真握手はお断り」
  12. 松嶋菜々子、「Domani」で“平凡な私”語り
  13. 櫻井翔「顔パンパン」問題を高須が斬る
  14. 木村拓哉、SMAP曲を熱唱の夜
  15. 指原莉乃初センター曲が「過去最低」
  16. 顔出ししたシーアにネットも微妙な反応
  17. 「事務所独立」を企てるタレント2名
  18. 山本裕典に“売春女性紹介疑惑”!?
  19. NEWS・小山、ツーショット写真流出
  20. 『べっぴんさん』最終回目前も酷評

ジャニーズの人気記事

  1. 横山裕&田中みな実、交際は事実の証言
  2. NEWS・小山、元カノは「元AKB48」
  3. 『PとJK』、空前絶後の大コケ
  4. 木村拓哉、SMAP曲を熱唱の夜
  5. NEWS・小山、ツーショット写真流出

カルチャーの人気記事

  1. 松嶋菜々子、「Domani」で“平凡な私”語り
  2. 2世議員に覚せい剤使用のウワサ!
  3. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  4. バツ3でも幸せになる方法
  5. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う

海外ゴシップの人気記事

  1. 顔出ししたシーアにネットも微妙な反応
  2. G・パルトローのサイトでセックス特集
  3. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  4. 未婚の父となったC.ロナウド、”出来ちゃった”ではなく計画的な代理母出産だった!
  5. 大金持ちと結婚した女性セレブ