KAT-TUN「KISS KISS KISS」はなぜ郷愁を誘う? ハイブリッドな音楽性を読み解く

KAT-TUN「KISS KISS KISS」はなぜ郷愁を誘う? ハイブリッドな音楽性を読み解く

ある時期まで、日本の歌謡曲の底流にはマイナーなラテン風味が強くあった。ムード歌謡からリズムものまで、リスナーにそうと意識されずとも、ラテン音楽を取り入れた日本の歌謡曲は多い。このような日本におけるラテンの受容(必ずしも、本格的ではない)はしかし、80年代あたりから徐々に薄まっていって、歌謡曲からJポップへと呼びかたが変わる頃には、ほとんど消滅していたのではないかと思う。筆者が音楽に関心を持った頃は、すでにJポップ化が完了していたので、日本におけるラテン音楽の影響を知るのは、ずいぶんあとになってからだ。黒人音楽に関心があった筆者が、自分が生まれるより以前の歌謡曲を好んで聴くようになったのは、いまから振り返れば、同時代には失われていたラテン音楽性に反応していたところがある。...

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

KAT-TUN「KISS KISS KISS」はなぜ郷愁を誘う? ハイブリッドな音楽性を読み解くのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! リアルサウンドのニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 『ミになる図書館』5.7%の大爆死
  2. NEWS・手越、LINE流出疑惑で波紋
  3. 葉加瀬太郎の口説き文句に出た身勝手さ
  4. 『昼顔』劇場版、前評判が「最悪」!?
  5. 宮沢りえ、仕事サボってデート!?
  6. 山本裕典、遊ぶ金欲しさで復帰画策!?
  7. 木村拓哉、カンヌの行動が批判の的に
  8. 「ガリクソンは闇金」告発者を実名暴露
  9. 伊野尾慧、無礼キャラは限界?
  10. ビオレの定番クレンジング3種のヤバイ点
  11. ZARAに心も体も売った「GINGER」
  12. 伊野尾慧、取材現場で散々な評価
  13. 怒られたジョージ王子がかわいすぎる
  14. 山辺節子容疑者はどこを整形した?
  15. DV夫から逃げるためにシェルターへ
  16. マンガ『ヅャニーさん』42回
  17. 真剣佑、改名&移籍の裏事情
  18. 『ひよっこ』斬新すぎる脚本に賛否
  19. 手越の「コネチケ」にファン激怒
  20. NEWS・小山の「痴態」音声流出

ジャニーズの人気記事

  1. 『ミになる図書館』5.7%の大爆死
  2. 木村拓哉、カンヌの行動が批判の的に
  3. 伊野尾慧、無礼キャラは限界?
  4. 伊野尾慧、取材現場で散々な評価
  5. マンガ『ヅャニーさん』42回

カルチャーの人気記事

  1. ZARAに心も体も売った「GINGER」
  2. DV夫から逃げるためにシェルターへ
  3. スメハラの汗かき男と口臭上司についにブチ切れ! クサイのは向こうなのに、なんで私が悪者なの!?
  4. DV夫でも子どもに会えないのはつらい
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. 怒られたジョージ王子がかわいすぎる
  2. ウィリアム王子のダンスがダサすぎ!
  3. コリン・ファレル、陰毛処理を失敗
  4. MCハマー、55歳でもキレッキレのダンス
  5. 性格が悪いセレブ5人