KAT-TUN「KISS KISS KISS」はなぜ郷愁を誘う? ハイブリッドな音楽性を読み解く

20150131-kamenashikazuyath_.jpg
KAT-TUNの亀梨和也。

【リアルサウンドより】

 ある時期まで、日本の歌謡曲の底流にはマイナーなラテン風味が強くあった。ムード歌謡からリズムものまで、リスナーにそうと意識されずとも、ラテン音楽を取り入れた日本の歌謡曲は多い。このような日本におけるラテンの受容(必ずしも、本格的ではない)はしかし、80年代あたりから徐々に薄まっていって、歌謡曲からJポップへと呼びかたが変わる頃には、ほとんど消滅していたのではないかと思う。筆者が音楽に関心を持った頃は、すでにJポップ化が完了していたので、日本におけるラテン音楽の影響を知るのは、ずいぶんあとになってからだ。黒人音楽に関心があった筆者が、自分が生まれるより以前の歌謡曲を好んで聴くようになったのは、いまから振り返れば、同時代には失われていたラテン音楽性に反応していたところがある。

 KAT-TUN「KISS KISS KISS」は、そんなラテンの哀愁を見事に打ち出している。一聴した印象は、敏いとうとハッピー&ブルー「星降る街角」とバリー・マニロウ「コパカバーナ」を足したようだ、といった感じか。その意味で「KISS KISS KISS」には、誤解を恐れずに言えば、独特の古臭さを感じる。アイドルポップスは数あれど、このようなかたちで歌謡曲への目配りを効かせているのは、管見の限りではジャニーズだけだ。さすが、戦後歌謡史の真ん中を歩んできただけのことはある。筆者のような立場からすると、こういった点に、EXILEやAKB48との決定的な差を感じてしまう。中南米成分の有無は、個人的には、ポップスを聴くうえで重要な基準だ。

続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  7. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. “消えたAKB48”河西智美は今
  10. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. ムショ飯はうまいのか?
  13. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  14. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  15. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  16. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  17. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 新春ジャニオタ放談
  20. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!