覆面調査員が行く!

増加する中国系激安マッサージ店の盲点!! “言葉が全然通じない”トホホなクーポン事件簿

lostincomunication.jpg
Photo by Thomas Wanhoff from Flickr

お安い金額で、イイことしたい! 得したい!」という女の欲望を刺激する、「クーポン雑誌」「クーポンサイト」が巷に溢れまくっている現代――。しかしあまりの安さに、「こんなに安くて大丈夫?」「逆に損するなんてやーよ!」と、クーポンに半信半疑の人もいるはず。そんなあなたに向けて、女が特に気になる「美容・健康クーポン」を、世界で最も「安い!」に弱い大阪出身の女性ライターが、覆面調査員としてレポートしちゃいます!

 日本人だけでなく、中国や韓国などアジア圏の施術者が在籍するマッサージ店は少なくない。技術力が確かで、日本語がそれなりにできればまったく問題はないのだが、中には、まったく言葉が通じず、えらい目に遭わされるなんて失敗談も。

以前訪れた神保町のマッサージ店では、場末の飲み屋風の中国人従業員が、ド派手なワンピース姿で現れ、それだけでも「店を間違えた?」とビビったが、さらに複数のコースから選べるはずのマッサージを「1つしか、できない!」と片言の日本語で押し切られたことがあった。このように、コミュニケーションがとれないと、「クーポンに明記されていたメニューがちゃんと行われていない!」というクレームもうまく通じずに、かと言って、正規の料金じゃないしと強くも出られず、やきもきしてしまうことがある。今回は、そんな「凝りをほぐしにいったのに……」というトホホなマッサージクーポン体験談をご紹介する。

潜入その1
枕元に転がってるソレは……?/上野・N
【メニュー】肩コリなど気になる悩みをスッキリ解消60分
【クーポン価格】1,900円(69%OFF)

 体がとにかくダルい……そんなとき、「当日予約OK」の言葉に飛びついてクーポンを購入したのが上野のN。そこは、上野駅から歩いて数分。いまにも崩れ落ちそうな古いビルの中にあった。

 予約の段階から、「日本語はかなり苦手そう」なお姉さんが対応してくれたことが気になりながらも、店に到着。すると早速、クーポン内容とは違う「アロマオイルマッサージ」を勧められた。「すごいイイ。アロマ選べる。追加500円ネ!」とのことで、まぁ500円追加なら……とアロマを選択したが、これがそもそもの間違いだった。普通はアロマを扱う店なら、ブレンドも可能だと思うのだが、ブレンド知識はまったくないようで「アロマ、1つ選ぶだけ」という。

 そして、着ているものを全部脱いで、紙パンツだけになり、どことなく湿ったベッドに横になる。この時点でテンションは下降気味だが、マッサージが開始されてビックリ!! 選んだアロマのビンが枕元に転がしたままなのである。しかも、日本語がほぼわらからないのか、こちらが必死で要求するまで、オイルにアロマを一切混ぜようとせず、中国語でほかの店員とおしゃべり三昧。

 手技の方も、今まで受けたマッサージの中でもかなりの低レベル!! なにせ、オイルを手につけ、同じストロークをただただ繰り返すだけ。圧のかけ方も微妙。実のところ、本場中国系のマッサージは、技術力があるお店も多いのでガックリきてしまった。

 帰りに「コレ、会員券。マッサージ安いよ。60分2,000円」と、クーポン価格と同じ割引券をもらった。おねえちゃんに触ってもらいたいだけのオジサンにはいいだろうが、正直、正規価格6,300円はかなりボッタクリだし、クーポンを使っても相当微妙。とりあえず、「アロマ混ぜてないよ!」という日本語だけは知っておいてほしい。

クーポン満足度評価/★☆☆☆☆
リピーター思案評価/★☆☆☆☆
※ネタにはなれど、二度と行かない!!

マッサージ中の爆笑って本当にスリリング☆

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  8. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  9. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  10. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  11. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  16. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  17. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  18. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  19. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと