豪邸を不正取得!

ミーシャ・バートン、ギャラをピンハネし豪邸を奪った強欲な実母を訴える!

misca-2.jpg
骨格がだいぶ立派になったけど、パーツはキレイ

 今をさかのぼること10年前に“完璧な美貌を持つ若手女優”として一世を風靡していたミーシャ・バートンが、実母に映画のギャラをピンハネされ、ビバリーヒルズにある邸宅も追い出されたと裁判所に訴えを起こした。薬物依存やうつ病を克服し、女優として奮闘している彼女を毒母はずっと金ヅルにしてきたとのことで、ネット上では壮絶すぎる彼女の人生に同情する声が上がっている。

 子役としてキャリアをスタートさせたミーシャは、1997年に公開された英国映画『キャメロット・ガーデンの少女』で主役に抜てきされた。この作品の演技が高く評価され、『シックス・センス』(99)や『ノッティングヒルの恋人』(99)など大作映画に出演し、次世代のハリウッドを担う美少女子役として注目されるように。ティーンになるとスリムな体形と美貌が買われ、モデルとしても活躍するようになった。

 そんな彼女が大ブレイクしたのは17歳のとき。ドラマ『The O.C.』(2003~07)で演じたマリッサ役が当たり役となったのだ。若い世代のアイコン的存在となったミーシャは、数多くの雑誌の表紙を飾り、高級ブランドのイメージモデルを務めたり、ハンドバッグをデザインしたり、若きファッションリーダーとして世界中の女性たちから崇められた。

 夜遊びや男女関係で話題を振りまくようになったミーシャは、『The O.C.』をシーズン3で降板。生意気な態度にプロデューサーたちが怒り、クビになったというウワサが流れ、薬物/アルコール依存症だとゴシップされるように。07年にマリファナを吸って運転したとして逮捕された後は、“お騒がせセレブ”の仲間入りをし、仕事は激減。リハビリやストレスが原因で激太りするなど情緒不安定に陥り、09年にはとうとう精神科に強制入院させられてしまった。

 落ちるところまで落ちたミーシャは、その後、うつ病であることを告白し、大作映画ではなくインディペンデント映画に出演することで女優として復帰。『The O.C.』時代と比べ物にならないほど外見が変化し、完全にB級女優扱いされているものの、本人はマイペースに役者としての仕事を楽しんでいると明かしている。

 うつ病のとき、周りに理解してくれる人たちがいたから救われたと発言しているミーシャ。その中には、一緒にいるところがよく目撃される彼女の母親や姉妹ら、家族も含まれているとみられていた。しかし、ミーシャにとって母親は“毒”だったようだ。

ミーシャが去った、シーズン4のグダグダは恐ろしいほど!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. “もう終わった”イケメン俳優3人
  10. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  15. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  4. マンガ『ヅャニーさん』34回
  5. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!