仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

野心丸出しの上重聡アナが可愛く見えてしまう、安住紳一郎アナという“ズルい男”

azumin_tbs.jpg
『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「人に隠れて最後までやりたい」安住紳一郎
『安住紳一郎の日曜天国』(TBSラジオ、4月5日放送)

 テレビって怖いなぁ。時々、そう思うことがある。テレビに出る人は、それぞれが“キャラ”を与えられており、それを演じるために外見や発言もそれに沿ったものにする。だが、外見や言動が立派でも、なぜか「うさん臭い」と感じられる人がいるものだ。

 日本テレビのアナウンサー・上重聡も私にとって“うさん臭い”1人だった。高校球児で、甲子園では福岡ソフトバンクホークスの松坂大輔と対戦、大学時代は東大相手に完全試合を達成。ケガでプロ入りが望めなくなるが、甲子園時代にインタビューを受けた経験から、アナウンサーを志望した。日本テレビ以外にも、フジテレビ、テレビ朝日から内定を得ていたという。

 履歴書的には“さわやかな好青年”の上重アナだが、昨年の『おしゃれイズム』(日本テレビ)の「人気男性アナウンサー大集合SP」に後輩の桝太一アナ、田中毅アナと出演した際に見せた顔は、そのイメージとはまったく異なっていた。かつて共演したお笑い芸人・いとうあさこは、上重アナを「野心がすごすぎる」「(オリコンの好きな男性アナウンサーランキング1位に輝いた)桝アナに対する嫉妬をネタにしているが、あれは本心だ」とコメントしていたが、番組から受ける印象はまさにその通りだった。

 嫉妬や野心という感情は決して悪いものではないが、それを他人が見て面白い域に昇華させるためには、余裕や開き直りが必要だ。しかし、この時の上重アナはまだその域に達していないと思った。東大卒の桝アナに対し、「桝アナは頭脳派でうらやましい」と笑顔で褒めているものの、本心でないことは表情を見れば明らかだ。

 またプライベートについて、中学・高校と生物部出身の桝アナが、「生き物を飼いたいが、妻に反対されている」と語る一方、上重アナは「有名人(とんねるず・木梨憲武や佐藤浩一、中井貴一)とゴルフに行く」「女ウケを考えて、ワイシャツにエプロンで料理をする」などのエピソードを披露。ここから彼が、有名になって、たくさん稼いで、芸能人とも仲良くなって、いい女を抱く(現在の彼女はモデルである)というわかりやすい方向の野心を持っていることがわかる。

 こういう人であるから、スポンサー企業の元会長から、1億7,000万円を“無利子”で借りて、タワーマンションの最上階を購入することや、局で禁止されている車通勤をすることも(2,000万円のベントレーも、スポンサー企業の元会長から借りたものらしい)、常識で考えればおかしなことだが、上重アナの「特別になりたい」という自意識から考えれば、受け入れてしまったこともそう不思議ではない。

安住アナの「記念受験のつもりだった」エピソードは信じないよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク