[ジャニーズ最新言行録]

V6・坂本昌行、「詐欺ではございませんでした」! ネットショッピング被害を取り下げる

sakamotomasayuki.jpg
振込名義がモリタゴウだったんだよね!

 V6・坂本昌行から「報告」があると告知されていた、4月11日放送のラジオ『V6 Next Generation』(JFN系)。一部ファンの間では、V6がパーソナリティーに就任した『24時間テレビ38 愛は地球を救う』(日本テレビ系)で、坂本が「チャリティーランナーになるのではないか」とウワサされ注目を集めていたが、今回明らかになったのは“ネットショッピング詐欺”事件の続報だった。

 3月21日放送の同ラジオでは、坂本がインターネットで食器を数社から注文した際、1つのサイトからは無事に届いたものの、もう1つは商品が届かないままHPが閉鎖してしまい、お店の電話もつながらなくなってしまったことを長野博、井ノ原快彦に告白。「皆さんに真偽じゃないですけど、判定していただきたい」と前置きした上で話し始めていたが、消費生活センターに相談したところ、「断定はできませんが、お金を取り戻すのは難しいですね」と言われた話からも、長野&井ノ原は「詐欺です」と断定。現実を受け止めながらも「もし(事態に)進展があったら……」と期待を残していた坂本だったが、その放送後に新展開があったという。


 11日のオープニングトークで「この場を借りて、皆様にご報告したいなと思いまして」と、神妙に語りだした坂本。先日の放送で「ネット詐欺ではないか」と打ち明けたことを振り返り、

「その2日後、『入金致しました』とメールが来まして。『確認してください』と。で、確認したところ、えー、入金されてまして……。詐欺ではございませんでした」

と、突然の“報告”。2人は「なんだったの?」(井ノ原)、「詐欺じゃねぇーんじゃん」(長野)と困惑しきりで、坂本が、

「ただ、これを僕が言うと『お前、ふざけんじゃねーよ』みたいな雰囲気になると思うんですけど、言い訳ではないんですよ。この話をしたときに『皆さんに判断をしていただきたいな』というコメントをさせていただいたので……」

と釈明するも、井ノ原は「いや、もう詐欺の話だと思ってました」と“裏切られた”と言わんばかりの口調になり、長野も「オレも詐欺に遭った気分だよ、もう」と、憤りを隠せず。本人は「丸く収まったというね」と、結果的に返金されたことに安堵している様子だったが、「(サイト運営会社の)社長を呼びましょうよ、番組に」「『実は、あの番組で詐欺呼ばわりしちゃいまして……』っていう話、した方がいいですよ」(井ノ原)と、公開謝罪を提案。

 また、お金が戻ってきた経緯について3人は、ネットショップを閉めることになり、「申し訳ありません」と返金してくれたのか、実際のところは詐欺だったが「改心したのか」など想像を膨らませ、

「ラジオ聞いたかも。『あっ、やべー。うちか? “坂本さん”ってもしかしたら……って。『返しとくか』って(笑)」(長野)

と、議論を交わしながらも、最終的には「お金が戻ってきてよかった」と、ホッと一安心していたのだった。今回は“お騒がせ”で済んだものの、坂本が再び同様の被害に遭わないことを願うばかりだ。

以上、「トニセン詐欺被害にてんてこ舞い!?の巻」完。

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク