えげつない事態に

テレンス・リー、オスカー解雇! 「セックス強要」告発の慶応大生は“ヌード披露”で売名疑惑

2015terenceaqua.jpg
アクア新渡戸オフィシャルブログより

 3月13日発売の「フライデー」(講談社)で、慶応大生のシンガーソングライター・桑名愛素佳さんが、自称元傭兵のテレンス・リーに恐喝、ストーカーされたとして被害届を提出したことを告発した(既報)。そんな桑名さんが、4月3日発売の同誌袋とじページで、リーとの関係を再度振り返るとともに“過去と決別するため”9ページに渡るヌードを披露している。

 桑名さんは昨年11月にFacebookを通じてリーと知り合い、彼のバンドメンバーとなったという。お互いに打ち解けた頃の今年1月、リーの「キミだけをプロデュースする」という言葉を信じて弟子入りした桑名さんだったが、実際には“弟子”ではなく“性欲処理係”のような日々を送るようになってしまったそうだ。その後、体調を崩した桑名さんに対して、リーは「契約不履行」などと激怒し、常軌を逸した内容のメッセージをLINEで執拗に送りつけたというのだ。

 リーは同誌の取材に対し「性的関係を持ったことも一度もありません。彼女はデタラメを言っています」と完全否定。自身のFacebookやTwitter、インスタグラム上で身の潔白を訴え、掲載されたLINEのやりとりは合成だと主張した。

「リーは自身のFacebookに、『何故、超一流人たちが我が身を挺してまで俺を守ってくれるのか?(中略)それは俺が超一流人だからさ。カスにはカスな仲間しかいない。それがすべて。』と、取り乱したような投稿もしていました。ネット上では、そんなリーに対する批判が巻き起こりました」(芸能ライター)

 またリーは、最初の「フライデー」報道後、所属事務所となっていたオスカープロモーションのHP上から名前が削除されている。同プロの広報担当者は、サイゾーウーマンの取材に「元々業務提携をしていたが、契約が終了したため削除しました。(「フライデー」報道による因果関係は)特にありません」と回答したが、「タイミング的に、一連の報道がなにかしら影響を与えたのは事実では」(週刊誌記者)という声も出ている。

 そして今回、なぜか再びの告発とともに披露された桑名さんのフルヌード。先日の告発で「リーに強要された」と語っていた、全身網タイツ姿や電動歯ブラシプレイも再現されており、本人いわく「自分と同じように、リーにセックスを強要され、悩んでいる女性に勇気を与えたい」「性処理係の過去との決別」として、ヌードを披露したというのだが……。

「桑名さんの告発を、最初は“勇気ある行動”と思いましたが、さすがに今回のヌードには疑問を抱きます。『フライデー』からのオファーを断りきれなかったという可能性もゼロではありませんが、これでは女性側の売名行為にしか見えません。また、彼女は大学で、モラルハラスメントやストーカーなどの問題について学んでおり、今回の経験をもとに卒業論文を書く予定だとインタビューで語っていますが、そのアピールにも『なぜ?』と思ってしまいます。メディア関係者の間では、『男も女もどっちもどっち』と、もはや触らぬ神に祟りなし状態になりつつあります」(週刊誌記者)

 前代未聞の展開を見せているこの騒動。先月30日には、桑名さんがTwitterとインスタグラムで「赤坂のステーキ」を食べたことを報告した際、翌日リーがTwitterで「高額(たか)い物を喰えばグルメだと思っている田舎者が多い」「みっともない」「よくいるだろ。“赤坂でステーキ”ってカッペが(笑)」などと皮肉めいたツイートを放っていたが、果たして、両者の争いの決着は着くのだろうか。

何度考えてもヌードになる理由が理解できない……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク