[TVツッコミ道場]

日本エレキテル連合、『徹子の部屋』制する! 芸人殺しの徹子を満足させた一部始終

tetsukobighair.jpg
朱美ちゃんにも引けをとらない徹子の顔面力

 3月26日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)。ゲストは日本エレキテル連合だ。なんだろうこの、「押すなよ押すなよ」感というか、誘われてる感。

 これまで数多の旬の芸人たちが、徹子の前で大炎上するさまを目撃してきた。2014年の流行語大賞に選ばれた「ダメよ~、ダメダメ」だが、年末年始の出演ラッシュをピークに落ち着いた感がある、この3月下旬というタイミング。テレビ界はすっかり「ラッスンゴレライ」と「あったかいんだからぁ~」に乗り換え完了している。「アナタたち、以前ほどお見かけしないわね」とか、「あったかいんだから、って、アレ、どうお思いになられますか?」とか徹子が話を振ったら悲劇だ。

 さて。「とっても楽しみで。私はお2人の大ファンです!」と、オープニングの徹子。そうか、楽しみにしてくれていたのか。爆死によくあるパターンの1つは、徹子がゲスト芸人のことをよく知らないため、「やってみてくださる?」とネタをムチャぶりし、見終わった後に「ほー」とか「わかりました」という“塩リアクション”でまとめるもの。“大ファン”なら、そこはまったく問題ない。第一関門、クリア。

 今回、結論からいってしまうと、エレキテル連合の出演は「成功」といっていいかと思う。2人はもちろん、あの“おしゃべりワイフ未亡人朱美ちゃん3号”の「ダメよ~、ダメダメ」コントの扮装でソファに座っている。徹子が見たいもの、好きなものをちゃんと準備しておく。当たり前のことだが大切だ。しかも、この日の朱美ちゃんは髪にたくさんのタマネギとパンダが付いている、徹子バージョンの特別仕様だ。

「おしゃれでお美し~い徹子さんとこの素敵~なお花に負けないように、最高のおめ~かしをしてまいりました」
 
と、「細貝さん」が説明し、頭のパンダのマスコットを1つ取り外し、徹子に「どうぞ」とプレゼント。すると、「あら、こんなのくださるの! ありがとう」と、少し大げさに受け答えをする徹子。なんか、子どもの相手をしているようにも見えるが

「ウレシイ~、ウレ、ウレシイです」

と、「ダメよ~、ダメ、ダメ」を微妙にアレンジして大喜びだ。

 それにしても、昨年から何千回「ダメよ~、ダメダメ」を聞いたかわからない。このコントは、日本エレキテル連合のたくさんある引き出しの中の1つだけがクローズアップされている状態だ。この出演を機に、ほかのネタも知ってもらいたいと焦ったり、なんとか爪あとを残してやろう、といった気持ちもありそうなものだが、エレキテル連合は、徹子に委ねた。

 徹子が細貝さんのメイクに「この顔みなさん、この男の人の顔ね、こんなにいっぱい描いちゃってですよ」と夢中になっても、「はじめてです」「うれしいです」と、コントキャラを守りつつ、徹子の流れに身を任せる。なんだか、お客さまの食べたいものを食べたいタイミングでお出しするシェフに見えてきた。

 また、「朱美ちゃん」コントを披露しながら、「じゃあさぁ、徹子ちゃん。一緒にさぁ、パンダ見に行こ~よ」と、徹子をコントに巻き込む細貝さん。すると、

「ダメよ~、ダメダメ」

 徹子の「ダメよ~」、出た。

「おー、色っぽいよ。そんなこと言わないでさぁ、ね」

と細貝さんが続けると、

「アタシさぁ、あそこのパンダ友達よ、上野のパンダは。でもパンダはアナタの顔見たら、とても驚くと思ってね。あのパンダが『ダメよ~、ダメダメ』って言うと思うわよ」

 アドリブで返す徹子。そして、朱美ちゃんが故障すると、いつもの流れで、

「先日おたくで購入した、おしゃべりアンドロイドの未亡人アケミちゃん3号と、タマネギ頭の徹子ちゃんっていうやつなんですけど」

と、徹子も加えたクレーム電話を入れ、最後に、

「“窓ぎわのトットちゃん”ちゅうのと交換していただけないでしょうか」

 お見事。トットちゃんがオチになって、徹子も大満足っぽい。その後も、「ダメよ」の最初に「ん」をつけるのが上手に聞こえるコツという“講座”が開催され、「ンダンメンヨ~、ダメダメ」と連呼する徹子。

 ところで、今回、なんでこのタイミングでの出演だったのか。それは終盤に『クレヨンしんちゃん』の映画版に出演するということが告知され、ようやく納得した。しかし、公開はゴールデンウィーク。今のお笑い界のスピードだと、この頃には、ラッスンゴレライすら一段落してるかもしれないだけに、スクリーンに映る「ダメよ~、ダメダメ」がさらに懐かしい感じにならないことを、ちょっと祈る。せっかく徹子も楽しそうだったし。
(太田サトル)

細貝さんメイクより徹子のほうが盛ってるじゃない!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク