【連載】プウ美ねえさんのエプロンメモ

「つまらない日々にイライラ爆発」そんなアナタに伝えたい、“ヌードで自己肯定”のススメ

epumemo07.jpg
(C)熊田プウ助

家族関係、恋愛、夫婦関係、仕事、結婚、介護、人生……サイ女読者のお悩みに“プウ美ねえさん”こと熊田プウ助が、いつもそばに置いておきたい“エプロンメモ”とともに回答します。

【今月のお悩み】
「感情の爆発を抑える秘訣を教えてほしいです」
 はじめまして。離婚して早11年たち、なにも得るものもなく、数年前に病気にもなり、毎日つまらない日々を過ごしております。ここ1年ぐらいイライラすることが増え、仕事中も、家庭内でも感情が爆発してしまいます。なにか感情を抑える秘訣とかありますでしょうか。(ライム、37歳)

【プウ美ねえさんからの回答】
 チームで働くひとや家庭のあるひとは、とかく、爆発することをわるいことのように考えがちです。おねえさんは仕事もプライベートも独りなので、感情の爆発をいっさい抑えません。我慢できないことをされたら、すぐ相手の尊厳をきずつける言葉を投げかえして、泣くまで追いつめたりします。爆発を後悔したことも、ありません。冷静にやりすごせば、仕事や信用を失わずにすむかもしれないけれど、まだ受けとっていない報酬や、味方にならないひとの信用など、べつだん惜しくないものです。それよりもおねえさんにとっては、感情をのびのびとまきちらす快感が、たいせつなのです。こういうひとは、人望がありません。けれど、自分が爆発しておくと、他人に爆発されたとき、いくらか気持ちを推しはかることができて、そうわるくないものです。

 ひとがイライラするのは、「人生もっとうまくいくはず」という不遜なおもいこみが原因です。ざんねんなことに、まっとうに生きていても、人生がうまくいくとはかぎりません。世の中には報われない善人も、罰を受けない悪人も、おおぜいいます。もし感情を抑えたいなら、この「うまくいって当たり前」という考えをコテンパンにすると、よいのです。

 以前おねえさんは、接客の仕事に就いていたことがあります。お客様にしかられ、先輩から平手で叩かれ、すっかり気持ちが萎縮して、爆発どころか、イライラする余裕もなくなりました。そのほか、赤の他人と同居するとか、言葉の通じない国で一人で暮らすなど、環境を大きくかえてみると、おもしろおかしく生きたいという余裕が消えるので、イライラがへることうけあいです。

 転職や転居がむずかしいばあいは、ぎゃくに、うんと自分を肯定する楽しみを見つけてごらんなさい。たとえば、ネット上にヌード画像を公表したりすると、たいがいのことがどうでもよくなります。外見をほめられれば楽しいし(どんな肉体にも、需要があります)、将来リベンジポルノに怯えるひつようもなくなります。おねえさんも数年前、ゲイAVに出演しました。汁男優いじょう企画単体未満という安いあつかいです。商品になったアヘ顔を客観的に見たら、それまで抱えていた無駄なプライドがごっそり消えました。「生きてるだけで、そこそこ幸せ」と思い知らされて、爆発する機会もぐっとへります。

【今月のエプロンメモ】
暴力にうったえると、「ビンタばばぁ」などの仇名をつけられ、笑い話にされてソンです。お気にいりの服や、小動物、博多人形などを身近に置いて、ストッパーにしましょう。動作が慎重になります。爆発させるのは言葉だけでいいし、そのほうが陰湿さがきわだって、ずっと気がきいています。

熊田プウ助(くまだ・ぷうすけ)
1969年生まれ、ゲイ漫画家。都内でひっそりと飼い猫と暮らす日々を描いたエッセイマンガ『本日もおひとりホモ。中年マンガ家生活』(ぶんか社)など、著書多数。最新刊は、作画を担当した『世界一周ホモのたび 祭』(同)。

<お悩み大募集>
サイゾーウーマン読者の皆さんから、プウ美ねえさんに相談したいお悩みを募集しています。下記フォームよりご応募ください。

ご応募はこちらから
博多人形の新たな愛し方が発覚しました

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  8. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  9. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  10. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  11. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  16. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  17. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  18. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  19. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと