サイ女の「文壇ゴシップ劇場」

「書いてあげるから、賞にノミネートして」トンデモ要求で出版界から嫌われる小説家とは?

hagetaka_bunko.jpg
『ハゲタカ(上)』(講談社)

 ドラマ化、映画化された人気経済小説『ハゲタカ』(講談社)シリーズの作者として知られる小説家の真山仁。同作のヒットにより、各社こぞって原稿をもらいに奔走する人気作家となり、昨年作家生活10周年を迎えたが、悪評が噴出しているという。

「例えば、『おたくで書いてあげるから、○○賞にノミネートして』と交換条件を迫ったり、『原稿料を値上げしないと書かない』と無理な交渉をしてきたり……。また、売れ行きがよくなければ、出版社に責任を取るよう求めてくることも。今年1月に発売された『雨に泣いてる』は、もともと講談社で出す予定だったようですが、昨年に同社から刊行された『そして、星の輝く夜がくる』が売れなかったため、幻冬舎に移されたそうです」(書籍編集者)

 特に“ノミネート強要問題”は、編集者の頭を悩ませている。

「2012年に『コラプティオ』(文藝春秋)が、文春が主催する直木賞にノミネートされていますが、これは真山が押し込んだのではとささやかれていますし、昨年の『グリード』(講談社)が講談社後援の吉川英治文学新人賞にノミネートされたのもそうなのでは……といわれています。ノミネートされても、受賞しなければ、反省会と称して担当編集者が呼び出されるとか。そこでは『責任を取れ』などと激怒され、延々とお説教されるそうです」(同)

 原稿料の値上げ交渉にしても「冗談ではよくあるが、本気で仕掛けてくるのは筒井康隆か真山くらい」(同)だそう。こうした貪欲さは、どこから生まれたものなのだろうか?

「文学賞に無縁であることに強いコンプレックスを持っていて、それが悪い方に働いてしまっているようです。また、『ハゲタカ』が売れた真山は、事務所を立ち上げて秘書やバイトを雇い、小説執筆のための取材をさせたりしています。その費用も稼がなければいけないため、現在の原稿料だけでは足りないのでしょう。1回50万円ほどといわれる講演会を、頻繁に開催しています」(同)

『ハゲタカ』シリーズ以外の売れ行きは芳しくない真山。このまま編集者に嫌われては、裸の王様になりそうだ。

やたら凝ってる公式サイトに彼の一面を見たり

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. Jr.・京本、口淫・本番強要報道!
  2. 『べっぴんさん』視聴者人気最低キャラは
  3. ジャニーズの夜の顔をエステ嬢が暴露
  4. 有名犯罪者は、塀の中では“芸能人”!
  5. 月9キスハグシーン連発が嘲笑の的に
  6. 指原莉乃、白石麻衣に嫉妬むき出し!?
  7. KinKi・光一の「口淫」報道にファン呆然
  8. 結婚ハイで好感度大暴落のタレント
  9. 清水富美加の年収1500万円報道で、「レプロは偉い」と担ぎ続ける“芸能ムラ”
  10. 浅野忠信だけ空気感が違うナゾ
  11. 清水富美加、不倫報道はレプロリーク!?
  12. 突然の「亀と山P」結成の舞台裏
  13. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ
  14. Jr.森田、妊娠中絶・飲酒報道
  15. ホテル従業員、Jr.情報を漏洩
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 『まいジャニ』で盛大にドヤる永瀬廉
  18. 『めちゃイケ』ジャニーズにモザイクの怪
  19. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇
  20. 芦田愛菜が合格した名門私立は?

ジャニーズの人気記事

  1. Jr.・京本、口淫・本番強要報道!
  2. ジャニーズの夜の顔をエステ嬢が暴露
  3. KinKi・光一の「口淫」報道にファン呆然
  4. 突然の「亀と山P」結成の舞台裏
  5. Jr.森田、妊娠中絶・飲酒報道

カルチャーの人気記事

  1. 年金ドロボーの守銭奴! 義母の生活費10万円にたかりまくる義姉にブチ切れ寸前
  2. 瓜田が『ハイロー』『おそ松』を斬る
  3. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて
  4. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ
  2. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  3. 男性セレブのジューシー半裸写真集
  4. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ
  5. 「ラーメン大好き」キアヌ・リーブス、日本でお気に入りの店が判明! ファンに神対応も