仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

青木裕子の不出来アピールから、「日テレ女子アナ内定取り消し騒動」の争点“清廉性”を暴く

aokiyuko_lepro.jpg
青木裕子公式プロフィールより

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「アナウンサー、向いてない」青木裕子
『ボクらの時代』(フジテレビ系、3月22日放送)

 3月15日と22日の『ボクらの時代』(フジテレビ系)は、2週連続で女性アナウンサーシリーズだった。前編は元フジテレビアナウンサーの3人(八木亜希子、近藤サト、中村江里子)、後編は元TBSアナウンサー(吉川美代子、渡辺真理、青木裕子)の3人が、それぞれ、女子アナの「清廉性」について話し合った。

 日本テレビが、ホステスのアルバイトをしていた女子大生を「清廉性に欠ける」として内定を取り消した騒動(のちに和解)を受けてのテーマだが、両チーム共にはっきりとした結論は出なかった。元フジテレビチームは「フジテレビなら問題なかったと思う」とお茶を濁し、元TBSの吉川は「アナウンサーとして資質があれば、清廉性は必要ない」と一般論に終始した。

 清廉性がどんな意味を持つかは、この言葉を使った日本テレビに聞かない限りわからない。が、同番組を見ていると、「内定取り消し」なんてヘマをせず、局アナを経て、フリーとして現役で仕事をし続ける、いわば勝ち組女子アナの多くに共通する「持ちネタ」に気づく。

 それは、「不出来」と「不本意」アピールである。

 例えば、青木裕子。青木本人が自嘲気味に「週刊誌アナ」と語るように、青木の知名度を上げたのは、男性関係だった。年下ADとの同棲、不倫など、あけっぴろげな男遍歴で、有吉弘行に「セックスちゃん」とあだ名をつけられたこともあった。

 現夫であるナインティナイン・矢部浩之との熱愛発覚後は、自分が担当する番組で自分の恋愛を語るというスタイルを確立したが、公私混同ともいえる態度は賛否両論で、週刊誌主催の「嫌いな女子アナランキング」の常連の1人でもあった。さわやかで控えめなイメージが貴ばれる女子アナにあるまじき奔放さだが、そんな掟破りの青木でさえも、ほかの売れっ子女子アナと同じく、冒頭のように「アナウンサー、向いてない」と「不出来」アピールをしている。

 「不本意」アピールも、「不出来」と同じく脈々と続く女子アナの「伝統芸」だ。そもそも、女子アナとは、「高学歴で語学が堪能で、育ちの良い綺麗なお姉さん」程度の認識だったが、「そんな甘いもんじゃない」と私に教えてくれたのは、青木の先輩にあたる渡辺真理である。

「おばあさまに頂いたもの」の一言にくぅ~!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク