キナ臭い破局の舞台裏

滝川クリステル、小澤征悦との破局に蠢く闇――謎の白人男性と暗躍者Tのタブー

kurichan.jpg
「お・も・て・な・し」に引き続き「お・の・り・か・え」大成功?

 25日付の「スポーツニッポン」一面で報じられた、滝川クリステルと小澤征悦の電撃破局。昨年あたりから「結婚秒読み」ともいわれていた両者だが、お互いの多忙が原因で、別々の道を歩むこととなったという。しかし、翌26日発売の「女性セブン」(小学館)では、両者の溝や、滝川と謎の白人男性の親密関係まで報じられており、単なる“すれ違い”が破局原因ではなさそうだ。

 「女性セブン」によると、ここ最近の滝川は、キャスターではなく動物愛護活動にのめり込んでいるそうだが、活動団体に政治色が色濃く出始めたことから、小澤との間に温度差が生じたのだという。そのためか、2人はオフを共に過ごすことも少なくなっていってしまったようだ。

「さらに問題視されそうなのが、3月下旬に行われた展覧会のオープニングパーティーでのこと。当日は関係者のみの参加ながら、滝川は30代後半くらいのイケメン白人と、周囲が驚くほどのイチャつきぶりを見せていたそうです」(スポーツ紙記者)

「スポニチ」によれば、年明けには両者の同棲は解消されていたということなので、滝川はその後“新たな出会い”を果たしたのだろうか?

「ところが、少なくとも2月頃までは、同棲中だったマンションで2人の目撃談があるんです。さすがに破局から1カ月で“乗り換え”となると、滝川にとって公になるのは都合が悪かったのでしょう。滝川の所属事務所は、『女性セブン』の記事内容を事前にキャッチして、スクープを潰すため『スポニチ』に都合よく記事を書いてもらったのでは」(同)

 芸能プロダクションの“禁じ手”といわれるスクープ潰しだが、その裏では滝川所属の「フォニックス」親会社である「セントフォース」の役員・T氏が暗躍していたという。

「このTという人物は、周囲に『芸能マスコミはクソだ!』などと公言する変わり者で、関係者からも疎まれているようです。『セブン』の記事が先に世に出ることが不都合だったとはいえ、“クソ”であるはずのマスコミに自ら情報を流し、イメージ操作を行っているところをみて、彼がメディアから嫌われている理由がよくわかりました」(ワイドショーデスク)

 ネット上では「37歳の女性を捨てるなんて、ひどすぎる」と小澤を批判する声も出ているが、もし真相が滝川の“乗り換え愛”だったとすれば――。事務所による姑息な情報操作によって、かえってその内幕が浮き彫りとなってしまわないだろうか。
(須田恭也)

滝クリ、アンタかぶってたんじゃないの……?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  4. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  10. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  11. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  14. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  15. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  16. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  17. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  18. 他人の記事をパクるのはこんな人
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. マンガ『ヅャニーさん』34回
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!