イケメンドラマ特捜部【ジャニーズ&イケメン俳優】

寡黙な佇まいが「男の無神経な鈍感さ」を表した、『問題のあるレストラン』の東出昌大

mondai-higashide.jpg
『問題のあるレストラン』(フジテレビ系)公式サイトより

 『問題のあるレストラン』(フジテレビ系)が最終回を迎えた。男社会の女性差別を描いた本作は、賛否の激しい文字通りの問題作だった。しかし、何よりも感心したのは、これだけ重いテーマを描きながらも“テレビドラマとして”面白かったことだ。

 大手飲食サービス会社「ライクダイニングサービス」に転職した田中たま子(真木よう子)は、レストラン「シンフォニック表参道」の立ち上げに参加していた。ある日、たま子は、同社で働いていた親友の藤村五月(菊池亜希子)と再会する。ビストロシェフだった五月の父のレシピを使わせてほしいと相談したたま子は、五月が会社の会議室で、社長の雨木太郎(杉本哲太)たち幹部社員の前で、全裸で謝罪させられたことを知る。怒ったたま子は、幹部社員たちにバケツに入った氷水を浴びせて回り、会社をクビになる。

 たま子は「シンフォニック表参道」の目の前にあるビルの屋上に、五月から託されたレシピの料理を出すレストラン「ビストロ フー」を開店。店には差別に苦しむ仲間たちが集まり、料理の力で「シンフォニック表参道」に戦いを挑むことになる。

 脚本は、『東京ラブストーリー』や『最高の離婚』(ともにフジテレビ系)の坂元裕二。坂元が得意とする軽妙な会話劇や、長台詞の見応えはもちろんのこと、役者の「文脈」をこれだけうまく利用したドラマは、ほかにはなかっただろう。それが最も表れているのが「ライクダイニングサービス」の人物配置だ。

 モラハラ、セクハラが当たり前の雨木社長を演じるのは杉本哲太。事業部部長の土田を演じるのは吹越満。2人は『あまちゃん』(NHK)で先輩後輩の関係を演じ、杉本哲太が演じたローカル線の駅長・大向大吉は、時代に取り残された昭和の男だった。また、「シンフォニック表参道」のシェフで、たま子の元恋人の門司誠人(東出昌大)、シェフ見習いの星野大智(菅田将暉)、女性社員の川奈藍里(高畑充希)は『ごちそうさん』(NHK)で家族として共演。つまり、近年の朝ドラに出演した俳優が勢ぞろいしているのだ。

 さらに第7話のラストには、『純と愛』(NHK)に出演した風間俊介まで登場する。風間は、後にセクハラ訴訟を戦う五月を支える優しい青年を演じた。しかし、坂元脚本のドラマ『それでも、生きてゆく』(フジテレビ系)で子どもの時に幼女を殺した殺人犯の役を演じていたこともあってか、何か裏があるのではないか、と心配になったものだ。これは、風間のイメージを利用したうまいミスリードだったのだが、こういった配役と本人の文脈のズレ自体が、ドラマのうまい引きとなっていた。

 女性たちの印象が強い本作だが、7話以降は、男性陣を掘り下げるようになっていく。中でも、裏主人公的存在と言えるのが、東出昌大が演じる門司誠人だ。

こんな冷静にこのドラマ見られないよ……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク