あっけらかんと語る姿に、米ネット民も冷ややか

ドクター・ドレーの元婚約者でシュグ・ナイトの元“妻”が、2人からのDVを赤裸々告白

DrDre.jpg
昔から女性への暴力でトラブルを起こしているドレー

 ヒップホップ界の重鎮ドクター・ドレーの元婚約者で歌手のミッシェルが、20日午前に放送されたヒップホップ・R&B専門ラジオ局「Power 105.1」の人気番組『The Breakfast Club』にゲスト出演し、彼から受けたドメスティックバイオレンス(DV)について赤裸々に語ったとして話題となっている。

 ミッシェルは同番組で、「目の周りに5回も青タンができたわ。肋骨にはひびが入ったし、体にはひどい傷痕が残ってる。でも、これが普通だと思ってたの。周りのみんなも普通なんだって思ってたし。警察に通報するなんて考えもしなかった」「彼はね、げんこつで殴るの。ぎゅっと握り締めたこぶしでね」と告白。ドレーが彼女に暴力を振るっていても誰もなにも言わず普通にしていたため、被害者だという自覚がなかったことを明かした。

 そして、「謝罪なんてないわ。今まで全然。でも、今さら謝罪されてもなにが変わるわけでもないし。過去のことだからね。遠い昔のことだから」と言いつつ、「でもね。最初に殴られたときのことは今でも鮮明に覚えている。初めて青タンをつくったときのことよ。2人でベッドに横たわり号泣したの。彼もアタシも泣いたのよ。アタシは痛みがひどく、ショック状態で泣いてた。ドレーがなんで泣いてるのかはわからなかったけど、彼は『ごめん、本当にごめん』って言ってたわ。あのときだけよ。謝ってくれたのは。『もう二度と、絶対に目を叩かないから。ね?』とも言ったわ。アタシは『わかったわ』って言って、2人で眠りに就いたの」と生々しいやりとりを語った。

 ドレーは、西海岸ヒップホップシーンを大きく変えた伝説的グループ「N.W.A.」を結成する前に、「World Class Wreckin’Cru」というエレクトロ・ヒップホップグループで活動していたが、ミッシェルはそこに女性シンガーとして参加。2人はほどなくして交際を開始した。ミッシェルはその後、「N.W.A.」のメンバーであるイージー・イーが立ち上げたレコードレーベル「ルースレス・レコード」とアーティスト契約を結び、ドレーのプロデュースによりデビューアルバムをリリース。収録していたシングル「Nicety」「Something in My Heart」がヒットし、アルバムは270万枚も売れた。

 その後、ミッシェルは極悪非道な危険人物として恐れられている実業家シュグ・ナイトのレーベル「デス・ロウ・レコード」に所属したが、セカンドアルバムは鳴かず飛ばずで、その後アーティストとしては低迷。ドレーとは婚約をし、1991年に長男を出産したが、女ったらしの彼に泣かされる日々に疲れて破局。その後、優しくしてくれたシュグと付き合うようになり、99年に結婚。2001年には長女を出産したが、シュグが前妻と離婚しておらず、ミッシェルとは法的に結婚していなかったことが明らかになり、破局。シングルマザーになり、現在はライブ歌手としてバンドと共に活動している。

 ミッシェルは『The Breakfast Club』で、夫婦として8年間生活してきたシュグから、「一度だけDVされたことがある」ことも告白。「彼がアタシにしたことで、最もクレイジーなことは、平手でアタシのアゴのあたりを叩いたことね。緊急病棟に行って治療を受けなければならないほど、ひどいことになっちゃって。シュグに、『今すぐ病院に連れて行って。アナタが連れて行ってくれないなら警察に連れて行ってもらうしかなくなるわ』って頼んだら、しぶしぶ連れて行ってくれてね。医者には、ボールが当たっちゃったって説明したの。真夜中の2時なのによ! 医者は、お見通しだったようだけど」と軽い口調で、あっけらかんと語った。

DV男からの愛より、自分自身への愛が負けちゃダメ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク