キスマイの異才、宮田俊哉の可能性 “オタクジャニーズ”の旗手となるか?

20140425-kismyft.jpg
ジャニーズらしからぬ体当たり企画で人気のKis-My-Ft2。

【リアルサウンドより】

 Kis-My-Ft2の宮田俊哉が、おすすめのアニソンや声優アーティストを紹介するワンコーナー「宮タイム」が、音楽番組『UTAGE!』(TBS)にて3月16日に放送され、話題を呼んでいる。同番組で宮田は、『ラブライブ!』の西木野真姫役で知られる歌手で声優のPileを紹介。Pileとの初対面に歓喜し、彼女が『新世紀エヴァンゲリオン』の主題歌「残酷な天使のテーゼ」を歌うのに合わせて飛び跳ねながら踊る姿は、多くの視聴者にインパクトを与えたようだ。

 ジャニーズのアイドルでありながら、熱心なオタクとしても注目を集める宮田。その活動スタンスにはどんな可能性があるのか。ジャニーズの動向に詳しいライターの佐藤結衣氏は、次のように分析する。

「宮田さんのオタクぶりはJr.時代から有名で、あるアイドル雑誌のランキングでは毎年“オタク部門”で1位になるなどしており、ファンの間でも面白がられてきました。彼はそうした趣味を隠すことなく、むしろ堂々と掲げてきたので、逆に“芯のある男性”として一目置かれてきたようなところもあります。そしてそのキャラクターはメンバー間の関係性にも作用し、たとえば玉森裕太さんが『マジきもい!』などと突っ込んだりして、ファンの笑いを誘うような場面もよく見られます。みんなが正統派じゃないところがキスマイの面白さのひとつで、それを担う重要なファクターが宮田さんなのでは。また、彼の“オタ芸”はコンサートでも披露されていて、人気コーナーとなっており、ステージングにおいてもオタクであることが活かされていると感じます。今回、テレビ番組内で自分のコーナーを持つことになりましたが、それはSMAPがバラエティ番組でコントに挑戦し、アイドルの活動の幅を拡げてきたのと同じように、大きな意義があるのかもしれません。オタク文化はいまや日本が世界に誇るものですが、ジャニーズとは近いようで遠い文化でした。そのふたつの文化の橋渡しをする存在として、宮田さんにはさらなる活躍を期待したいところです」

続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. Jr.・京本、口淫・本番強要報道!
  2. 指原莉乃、白石麻衣に嫉妬むき出し!?
  3. ジャニーズの夜の顔をエステ嬢が暴露
  4. 「あの女性犯罪者」、塀の中の素顔
  5. 「レプロは偉い」と担ぐ芸能ムラの人々
  6. 嵐、JUMPらジャニーズ性風俗事情
  7. ホテル従業員、Jr.情報を漏洩
  8. KinKi・光一の「口淫」報道にファン呆然
  9. 『べっぴんさん』視聴者人気最低キャラは
  10. 月9キスハグシーン連発が嘲笑の的に
  11. 浅野忠信だけ空気感が違うナゾ
  12. 映画『相棒』過去最高ヒットの謎
  13. 『カルテット』衝撃ラストに視聴者あ然
  14. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ
  15. 指原莉乃初センター曲が「過去最低」
  16. 突然の「亀と山P」結成の舞台裏
  17. 結婚ハイで好感度大暴落のタレント
  18. 清水富美加、不倫報道はレプロリーク!?
  19. 岸優太の無邪気さがすごい
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. Jr.・京本、口淫・本番強要報道!
  2. ジャニーズの夜の顔をエステ嬢が暴露
  3. ホテル従業員、Jr.情報を漏洩
  4. KinKi・光一の「口淫」報道にファン呆然
  5. 突然の「亀と山P」結成の舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 瓜田が『ハイロー』『おそ松』を斬る
  2. 年金ドロボーの守銭奴! 義母の生活費10万円にたかりまくる義姉にブチ切れ寸前
  3. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて
  4. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ
  2. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  3. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  4. 男性セレブのジューシー半裸写真集
  5. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ