ついにアノ芸能界の謎が明らかに!?

EXILE、ドラマ界大躍進のワケは「HIROと上戸彩の結婚」!? LDHとオスカーの秘密の関係

hiroxile.jpg
上戸彩だけでなく仕事まで奪っていった男

 EXILE・TAKAHIROが主演を務める連続ドラマ『ワイルド・ヒーローズ』(日本テレビ系)が4月よりスタートする。TAKAHIROのほか、共演者にも青柳翔(劇団EXILE)、岩田剛典(三代目J Soul Brothers)、野替愁平(劇団EXILE)と、“EXILE一族”がズラリ。さらに、先日は三代目JSBのELLYが映画で初主演することが発表されるなど、映像作品への進出は留まることを知らぬ勢いだ。しかしこの数年ほどで「テレビで見ない日はない」ほどの躍進を果たしたEXILE勢を、業界関係者はどう捉えているのだろうか。

 ジャニーズ事務所を始め、研音やスターダストプロモーションなど、大手芸能プロは、連続ドラマで、自社のタレントを主演級で出演させられる“枠“を複数獲得している。そして近年、EXILEの所属事務所でリーダー・HIROが代表を務めるLDHも、この枠に大きく食い込んできた。

「この流れが起こり始めたのは、2012年にHIROがオスカープロモーション所属の上戸彩と結婚した後からのこと。オスカーといえば、連ドラ枠を最も擁する芸能プロの1つですが、近頃ではその枠をLDHと“シェア”しているケースが散見されています。一部では『オスカーとLDHは業務提携状態』といわれているくらいですからね」(テレビ局関係者)

 オスカーは一時期、武井咲や剛力彩芽ら所属タレントが過剰露出を見せたことから“ゴリ押し”が批判されたものだが、現在出演枠をLDH、つまりはEXILE勢と共有しているという。

「傍目からすれば“政略結婚”にも見えますが、実際はうまくバランスが取れているように感じます。やはり各局ともLDH所属タレントは需要が高く、ドラマだけでなく音楽やバラエティでも、さまざまなバーターが行われています。炎上続きの剛力を起用するより、よほど効率がいいですしね」(同)

 しかし一方で、決して喜ばしい事態ではないと感じている業界人もいるようだ。

「一言で言えば、EXILE勢には、“演技に向いていない”メンバーが大勢いるんですね(苦笑)。誰とは言いませんが、よくもまあ主演を張れるなと思ってしまうような、恐ろしい演技をするメンバーも少なからず存在しますから。主演級が“学芸会”レベルだと、視聴者の目に共演者も同レベルの演技力に映ってしまう可能性もあり、またドラマの演出自体を変更しなければならないこともあるだけに、『EXILEとの共演はちょっと……』と敬遠する他社のマネジャーの声も聞こえてきますよ」(制作会社スタッフ)

 大手プロによる権力で固められた“枠”制度に、新たな風を巻き起こしつつあるEXILE勢。果たしてこの躍進ぶりは、テレビ界にとって吉と出るのか、それとも――。

まさか同じ手口で、AKB48利権までかっさらおうとしてない……?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. 新春ジャニオタ放談
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  19. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー