ファンからは“悲鳴”も!

『相棒』成宮寛貴=犯罪者の最終回に「ひどすぎる」! “不仲説”水谷豊の意向という説も

aibou13.jpg
『相棒 season13』(テレビ朝日系)公式サイトより

 水谷豊主演の人気ドラマシリーズ『相棒 season13』(テレビ朝日系)の最終回が放送された18日、ネット上ではファンによる“悲鳴”がとどろいた。2012年10月から3代目相棒を務めている成宮寛貴演じる甲斐享が、最終回で犯罪者であることが明らかになり、逮捕されるという衝撃の結末を迎えたためだ。かねてから水谷と成宮をめぐる不穏なうわさ(既報)は伝えられていたが、果たしてこのラストは誰の意向だったのだろうか?

「初代相棒の寺脇康文、2代目の及川光博に関しても、かねてから一部で『水谷の意向で降板となった』と伝えられていました。成宮に関しても、映画の撮影がスタートした昨年2月頃から『演技力に不満を持つようになった』といわれるようになり、水谷自ら『殉職させてはどうか』との仰天プランを出したとも伝えられています」(芸能ライター)

 また昨年10月には、シリーズ開始からプロデューサーを務めていたM氏が、突如として降板するという事態も。こうなると、「成宮が次回作以降で復帰が難しい形で卒業を迎えたことに、“暴君”といわれる水谷の強力な意向が働いた可能性もある」(芸能関係者)ようだ。

 この幕引きにネット上では当然、両者の共演を楽しんでいた視聴者から「こんな終わり方、見たくなかった……」「水谷は成宮を受け入れられなかったんだな」「あまりにもひどすぎる」といった声が殺到。「もう『相棒』は見たくない」などと、ショックを受ける者も多かったようだ。

 さらに番組の公式Twitterは、放送後に「本日の『相棒 最終回スペシャル』をご覧いただきありがとうございました!また今シーズンたくさん見ていただいたみなさま、本当にありがとうございます。もし続編があれば、またよろしくお願いします」と意味深なツイートを投稿。当然次回作の企画はすでに進んでいることだろうが、一般ユーザーからは「何でこんな終わりにしたんですか?」との問い合わせも殺到し、一時はTwitterのトレンドに「こんな終わり」が入る事態となった。

「しかも甲斐は『2年前から犯行に及んでいた』という設定のため、『この3年間はなんだったの?』『再放送も見たくない』というファンからの悲痛な叫びも上がっていました。“相棒”が逮捕されるという前代未聞の卒業となりましたが、中には『これなら殉職の方がマシだった』という声まで出ています」(同)

 なお、最終回の平均視聴率は20.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とあって、ニュースサイトでは「有終の美」と伝えられている。久々の20%超えという快挙を成し遂げた『相棒』だったが、ファンの反応を見る限り、この表現は果たして妥当といえるだろうか?

もはや、親友の中村雅俊を相棒役にするしかないよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク