危機感ゼロ!

テレンス・リー、慶応大生の弟子を性欲処理係に!? 「悪霊が憑依」など狂気のメールも流出

terensuriiiiiiiii.jpg
テレンス・リーオフィシャルブログより

 自称元傭兵で“危機管理コーディネーター”のテレンス・リーが、恐喝とストーカー被害で被害届を出されていると、13日発売の「フライデー」(講談社)が伝えている。リーはこれまで自らの経歴について傭兵や殺し屋などと語るほか、写真家やエッセイストのような活動をしたり、現在は人気バラエティ番組『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)に軍事評論家として準レギュラー出演している。その傍らでは、音楽活動も行っており、多岐にわたる活動を展開しているが……。

「リーに対して被害届を提出したのは、慶応大生でシンガーソングライターの桑名愛素佳さん。顔と名前を出して告発に臨んだ桑名さんによると、昨年11月にFacebookでリーと知り合った後、『バンドメンバーにならないか』と持ちかけられたとのことです」(ワイドショー関係者)

 バンドの打ち合わせや音楽活動の悩み相談などを通して打ち解け、今年1月2日に「キミだけをプロデュースする」と言われてリーの“弟子”になったという。しかし、桑名さんが音楽活動を行うことはなく、リーに誘われスタジオ練習をしたり、顔を売るためと称された飲み会に出席したが、夜はホテルでセックスに持ち込まれたと明かしている。結果的に“弟子”ではなく“性欲処理係”と化してしまったのだ。

 桑名さんは、リーと関係を持った理由を「売れるため」としているが、次第にこのような状況に嫌気が差していったという。ストレス性胃腸炎と診断されたこともあって2月24日、LINEで「しばらく休みたい」と伝えたところ、リーは激怒し、「(ユニットは)解散だ」「契約不履行だ」など1時間に60通にも及ぶLINEが送られてきたという。同誌はほかにも、桑名さんが公開したリーとのLINEのやりとりを掲載しており、「いったい愛素佳にはどんな悪霊が憑依してんのだ?」(原文ママ)や「あるいは悪霊ではなく神か?」など、常軌を逸した文言が並ぶ。

 また、リーはインスタグラムで、「フライデー」の取材が行われていることを察知したためか、「私は業界を追放されるかもしれません。メールのやり取りも創作された画面が出るとの情報を得ております」などと、釈明を行っている。さらには桑名さんとやりとりしたメッセージも公開し、預けていたというバイオリンを返却してほしいという内容について、「性犯罪の被害女性が加害男性と会おうとするでしょうか?(中略)私を誘い出して写真でも撮ろうという魂胆なら、フライデーとの共謀による悪質なでっち上げの証拠です」としている。

 同誌の取材に対して「性的関係を持ったことも一度もありません。彼女はデタラメを言っています」と全面否定しているものの、「近しい関係者には『どうすればいいでしょうか!』と泣きながら喚き散らしているそうですから、相当焦っていることは確かでしょうね」(同)というリー。ネット上での強気な態度とは裏腹に、自身の“危機管理不足”が招いた今回の事態に、今後どのように折り合いをつけていくのだろうか。

「自分の身は自分で守れ!!」ごもっとも

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク