性暴力サバイバーによる映画『ら』を観て、いま一度考える「被害者の非」

性暴力サバイバーによる映画『ら』を観て、いま一度考える「被害者の非」

正視できず、何度も目を閉じてしまいました。しっかり見ておくべきものだとわかっていながらも、思わずスクリーンから顔をそむけてしまいました。映画『ら』--不思議なタイトルです。拉致の〈ら〉を示していて、この漢字そのものに〈無理につれていく〉という意味があるそうです。実際に起きた連続女性暴行拉致事件をもとに、その被害者のひとりである女性が監督となって映像化した作品です。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

性暴力サバイバーによる映画『ら』を観て、いま一度考える「被害者の非」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!