亮子がまたやった!

谷亮子、ダルビッシュ有似の秘書と不倫報道! 否認するも“ご機嫌”だったワケとは?


亮子はいつだって私たちに笑顔を届けてくれるね

 オリンピックで二大会連続金メダルを獲得した“ヤワラちゃん”こと谷亮子参院議員に、“不倫疑惑”が巻き起こっている。かつて、年下の男性秘書とのただならぬ関係を報じられた谷だが、今回も同じくダルビッシュ有似のイケメン秘書との疑惑を「週刊現代」(講談社)に報じられ、また12日発売の「女性セブン」(小学館)にも同様の記事が掲載された。谷の不倫は決定的なのだろうか?

 谷の夫は、2003年に結婚したプロ野球選手・谷佳知。「結婚式の模様は日本テレビで生中継され、地球をイメージした巨大ウエディングケーキは、当時話題になりました」(同)という。そして谷は10年に当時民主党代表だった小沢一郎氏のバックアップを受け、“小沢ガールズ”の一員として参院選で初出馬・初当選。同年中に柔道からの引退を表明した。

「順風満帆な“転身”を遂げた谷ですが、すでに2児の母となっていた12年、『アサヒ芸能』(徳間書店)で年下秘書・M氏との疑惑が報じられています。当時谷の事務所は、ベテランの女性公設秘書が取り仕切っていたものの、谷はM氏との関係が加速する一方で女性秘書の言うことを聞き入れなくなり、最終的に女性秘書の方が退職してしまったとか。卓球選手のFなど、“隠れ肉食女子”が多数存在する女性アスリート界でも、谷の肉食ぶりは有名な話だっただけに、記事の信ぴょう性は高いとみられていました」(週刊誌記者)

 そして今回報じられた不倫疑惑のお相手は、M氏と入れ替わりに事務所に入ってきたという30代前半のイケメン秘書・B氏。谷は昨年オリックスに移籍した夫の「家族4人で大阪で生活したい」という希望を「議員活動ができなくなるから」と聞き入れず、現在夫婦は別居状態という。現在、このイケメン秘書は谷の家にも出入りするようになっており、恩師であるはずの小沢氏も近頃は「もういいよ、アイツは。国会議員に、向いていないんだよ」とこぼすようになっているということから、「週刊現代」は谷夫婦の“不協和音”は「小沢氏の周辺からリークされたものでは」としている。

「そして『女性セブン』では、不倫関係を否定しつつも谷が『イケメンのBさんとの噂になったことが嬉しかったようで、ご機嫌みたいですよ』という政治部記者の証言が。『四六時中、何をする際にも同行させていた』という“手口”は前出のM氏とも同じだけに、別居状態の今回こそ、何か動きがあってもおかしくありません」(同)

「週刊現代」の直撃取材には「おかげさまで夫婦円満です」と語った谷だが、これは単なる“火遊び”なのかそれとも――。

“やりかねない女”なのが亮子の魅力

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  17. 他人の記事をパクるのはこんな人
  18. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 新春ジャニオタ放談

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!