[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

KinKi Kids・堂本光一、8年ぶりドラマ出演も8.6%……原作者も「これは第2弾は微妙」

kouchan.jpg
今年は『SHOCK』もなんやかんや言われてますね

 KinKi Kids・堂本光一が、3月7日に放送されたスペシャルドラマ『天才探偵ミタライ~難解事件ファイル“傘を折る女”~』(フジテレビ系)で、8年ぶりにドラマ出演を果たした。主演ミュージカル『Endless SHOCK』をライフワークとする堂本にとって、2007年の『スシ王子!』(テレビ朝日系)以来のドラマ出演となったが、視聴率は8.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、大惨敗してしまった。

 原作は推理作家・島田荘司氏の「御手洗潔シリーズ」で、これまでに何度か映像化が検討されるも、実現に至らなかった人気作品。堂本は、主演の玉木宏演じる天才探偵・御手洗潔の親友であり作家の石岡和己役で出演。ドラマでは、スーツ、割烹着、パジャマなどさまざまな衣装で登場し、特にトナカイの着ぐるみはネット上で「可愛すぎ」と話題になった。

「堂本のファンからは“コスプレ祭り”だと大好評で、『続編熱望!』『連ドラ化してほしい』という声が多く上がっていました。しかし、視聴率は8.6%と大コケ。裏では『出没!アド街ック天国~1000回記念!20年の秘蔵&衝撃映像SP』(テレビ東京)が13.0%の高視聴率を獲得。司会の愛川欽也が同日の放送をもって番組を降板すると発表されていたため、視聴者の関心がこちらに集中してしまったのでしょう。また、テレビ朝日系のサスペンスドラマ『タクシードライバーの推理日誌』も高く、12.8%を獲っていました」(芸能ライター)

 そして原作者の島田氏は、9日夜にTwitterで「傘を折る女、視聴率8.6%と出たそうだね。これは第2弾、微妙だね」と、ツイート。とはいえ、ドラマの放送中に視聴者の書き込みをチェックしていた島田氏は「でもNET界に湧きあがる熱い感想や高度な書き込み、押し寄せる漫画のクオリティーに、視聴率だけではもう測れない特別な力を、われわれは感じさせたと思います」と、フォローしていた。

「今回はドラマの番宣不足だったことも要因とみられますが、主演の玉木は現在フジ系で放送中の連続ドラマ『残念な夫。』も不調。初回9.4%スタートでしたが、5話で6.3%を記録するなど、今期の同局のドラマでは最下位に一番近い作品です。メインキャストだった前クールの『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)は好評だったものの、主演作は数字が伸びないようですね。『ミタライ』の最後には『to be continued?』と表示されており、視聴率や反響次第では続編を制作するつもりのようですが……」(同)

 堂本のファンをはじめ、原作ファンからも「今回のドラマは、とてもよかった」などと好感触だった『ミタライ』。島田氏の言うように視聴率からみれば続編は厳しそうだが、果たして今後の展開は……?

銀狼怪奇ファイルなら35%は手堅かったのに!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  8. 『カウコン』意外な舞台裏
  9. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  10. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  11. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  12. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  15. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  18. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 嵐・松本に「またAV女優」と幹部激怒!?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー