その他
【ジャニーズ研究会レポート】

TOKIO城島茂が率先して力仕事に挑む姿に、ファンも「母性本能くすぐられる」

jjoushima03.jpg
男性の母性本能を喚起する男、それが茂!

【ジャニーズ研究会より】

 3月8日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)は、「DASH島 TOKIOは無人島を開拓できるか!?」と「世界一うまいラーメンをつくれるか」の2本立て。昨年『24時間テレビ』で101キロを走り切った城島茂が、あの時と同じ、男らしい表情を見せてくれました。

 まずはDASH島の「石橋作り」の模様から。島を走るトロッコの線路が台風で宙づりになってしまったため、その土台として長崎県諫早市の採石場で削り出した石を使うことにした面々。2月15日放送回で、城島は石職人と共に石を打っていましたが、今回はその石材を線路まで運ぶことになりました。石材を積んだ船を操縦するのは、小型船舶操縦免許を持つ山口達也。その傍らには重機の操縦免許を持つ城島がいて、城島は船からクレーンで石材を下ろします。これまでも足場板や床板などで300キロの木材を運んだこともある城島ですが、今回は500キロ近い石材。船からの荷下ろしの作業では転倒の可能性もあるため、危険度の高い作業に城島はギュッと口をつぐみます。その表情に、「あれ本気だね」と山口と松岡昌宏。20年を共に過ごしてきた2人から見ても、その緊張感はケタ外れだったようです。

 無事に船から石材を下ろすと、今度はそれを5メートル先のトロッコまで運ばなければなりません。法令上、荷物を釣った状態でのクレーンでの移動は禁止ということで、城島、山口……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク