[連載]ヤリチン卒業!! 叶井俊太郎の子育て奮闘記

「小1の壁」も先手必勝! 16年度の学童付き英会話教室に駆け込み入会しました

kosodateillust187.jpg
(C)倉田真由美

 娘ココは、4月から幼稚園の年長クラスになります。いやー、早いものでもう来年の4月には小学生ですよ! 今のココを見ていても、「これが来年小学生? 大丈夫かいな?」と思う日々。言葉はもうペラペラと普通に話せますが、着替えや靴の履き方などはノロノロしていて、思わずオレが手伝ってしまうんですよね。手伝うのがよくないのはわかってるんだけど……。最近は食器の後片付けができるようになりました。いつまでもオレが手伝うわけにはいかないので、今年中には身の回りのことは自分でできるようにさせますよ!

 前にもこのコラムで書いたように、今住んでいる目黒区では、隣接してる地区の小学校であればどこでも通えるんです。うちは、5つの学校が選択肢にあるのですが、いまだ悩み中。幼稚園で仲がいい子たちが行く小学校に通わせようと思っていたのですが、そこの小学校は自宅からかなり歩くんですよね。最近は子どもの連れ去り事件が頻繁に起こってるし、最近だと警察官も子どもを連れ去ろうとして逮捕されましたよね。そんな事件をニュースで見てると不安になるわけです。幼稚園の子で自宅から一番近い小学校に通う予定の子は2~3人しかいないので、ほとんどのお友達と離れてしまうんですよね。どうしたものか……と妻くらたまと話しています。

 小学生になると学校から帰ってくるのが13~14時らしく、幼稚園より帰りが早くなります。これを「小1の壁」と言うんだって。働いてるママたちはどうしてるのかというと、目黒区が運営してる児童館に学童保育というものがあるらしく、そこに通わせてるらしいのです。区のホームページによると、料金は8,000円+実費とのこと。う~ん。

 話は飛びますが、近所に週イチぐらいで通ってる台湾料理屋があるんです。ちなみにこの店、御茶漬海苔さんらマンガ家のサイン色紙がかなりあるんだけど、妻がマンガ家ということに店員は気付いてない! 残念すぎる話です……。で、この店の2階に幼稚園児や小学生を対象にした子ども英会話スクールができたらしく、チラシが置いてあったので自宅でじっくり読んでみたら、小学生は送迎付きで学童保育もやっているらしく、これはなかなかいいのでは? と思って電話して一度話を聞きに行くことになりました。

入園・入学は、1年以上前から決めないといけない時代に

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク