[女性誌速攻レビュー]「CLASSY.」4月号

「CLASSY.」の悩める“高学歴女子”特集で、高学歴男子が放った真っ当なひと言

classy.1504.jpg
「CLASSY.」2015年4月号(光文社)

 今号の「CLASSY.」(光文社)、特集は「春のオシャレはデニムがなきゃ始まらない! NO DENIM,NO LIFE!」です。今年の春はデニムが大豊作とのことで、最旬着こなしから、人気復活Gジャン活用法、こなれ力が試されるデニムのロールアップ解説など、約100ページどこを開いてもデニムデニム五劫の擦り切れ。

 そんな中でも特に目を引くのが、「SNAP! “デニムでお揃い”カップルが増えています」。リードには「ペアルックがなんだか恥ずかしかったのは昔のこと。誰にとってもベーシックカジュアルの王道・デニムでなら、気取らず自然なリンクコーデが完成します」とあります。「ブランドがお揃い」「アイテムがお揃い」「ダンガリーがお揃い」などなど、おしゃれペアルックに身を包んだカップルが腕を組んだり微笑み合ったり。男性ファッションを研究し“彼っぽいファッション”に自分を同化させる、いわゆる“カメレオン女子”(※筆者命名)が「CLASSY.」内で増殖していることは以前のレビューでも書きましたが、ここで注目せざるを得ないのは、ファッションよりもその肩書。「30歳・医師/31歳・医師」「34歳・ファッションディレクター/34歳・ドラマディレクター」「30歳・公認会計士/28歳・広告代理店勤務」……職業までなんとなくペアルックじゃないですか! 春のうららかな日差しの下、お揃いのホワイトデニムをはいて街を闊歩する高収入カップルに「ジーンズは労働者のシンボルではなかったのか!!」と心の浜省が訴えるのでした。

<トピックス>
◎特集 春のオシャレはデニムがなきゃ始まらない! NO DENIM,NO LIFE!
◎ストレスフリーなデニムで3月の着回しDiary
◎女の高学歴って損ですか?

■フランス人=ニッポンカルチャー大好きという刷り込みが、そもそも……

 やはり人と人とは出会うべくして出会うのです。高収入な人は高収入な人と出会い、格差がなくなることはないのです。と、SNAPページにがっくりと肩を落とす、末端プロレタリアートのみなさま(筆者含む)。ここは1つ庶民に夢と希望を与えてくれる着回しページに望みを託しましょう。「ストレスフリーなデニムで3月の着回しDiary」、今回の主人公はなんとフリーのイラストレーター。「趣味はマンガで、ガンダムとエヴァンゲリオンが特に大好き。出会いもなく、彼氏はできそうな気配もない」。このプロフィールを読んだだけでも、今後の展開に嫌な予感しかしない!

「CLASSY.」には“ネタで話題に”という安易な道を選んでほしくない

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. キャラ変え好調の乙武洋匡
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  16. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  17. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決